FC2ブログ

choroねえさんの「シネマノート」

映画と観劇感想中心のメモブログです♪

TOP >  宝塚歌劇 >  舞台【El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-/アクアヴィーテ(aquavitae)!!】宝塚宙組公演

舞台【El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-/アクアヴィーテ(aquavitae)!!】宝塚宙組公演

イスパニア

今年最初の宝塚は宙組。戦国の世に生きた日本の侍がスペインに行き、そこで出会った人々との話という面白い題材の物語でした。史実とフィクションが混じったストーリーになっているのだと思いますが、突っ込みどころはあるものの(言葉の違いとか(笑))楽しく観れました。

最近の宙組は安定なので落ち着いて舞台に集中できるのはいいですよね(笑)。オリジナル作品なので当て書きされてますから、それぞれの役にキャストもよく合っていてよかったです。ストーリー自体は史実として残されている慶長遣欧使節の話というより、主人公の蒲田治道がスペインで誰とどのように出会ったか、また彼の過去がどんなものだったのかという宝塚らしい展開で、ラストはちょっと唐突っぽく思われましたが(笑)、まぁハッピーエンドにするにはあのような終わり方は仕方ないのかもしれません(笑)。

あくまで治道は武士らしく朴訥とした真面目な青年ですが、まぁゆりかさん(真風)のかっこいいこと!(笑)剣は強いし、漫画のように危ないところにササっと登場とか、スカっとします。(^^) あのようなロングマントが似合うのはゆりかさんならではですね。衣装がとても素敵で映えていました。立ち回りもかなり頑張っていましたね~

まどかちゃん(星風)は未亡人役なので最初は喪服での登場ですが、トップ娘役として落ち着きも出てきて今回も安定でした。

やっぱりスパイスを効かせてくれるのはキキちゃん(芹香)。謎の男役ですが、三枚目も入っていて、なるほどマカロニウェスタンっぽい人物というのも納得でした。最近のキキちゃんは本当にいつも楽しそうに演じてますよね。

敵役となるエリアスを演じたずんちゃん(桜木)も頑張ってましたね。今回、しっかりと3番手としての扱いになりましたが、2番手のキキちゃんと4番手(?)のそらちゃん(和希)に囲まれると、ちょっと弱いかな~もう一つ何か強さが出るといいと思うのですが。

そのそらちゃんですが、やっぱり彼女は声がダントツいいですね。せりふもはっきりよく通るし、背はそれほど高くないのに印象を残してくれる人だなと思います。私は好きなんですけどね(笑)。

専科からの英真さんは相変わらずさすがの演技です。ショーの方でもストーリーテラー的な役で女役になったり歌もあり大活躍でしたが、本当に存在感もありお上手ですね。

その英真さんも大活躍だったショーの方は、楽しかったです!最近のショーの中では個人的にはかなり上位に来る出来だったと思います。

ウィスキーをテーマにした大人っぽいショーで、何と言っても宙組の大人っぽさにピッタリ!ゆりかさんとキキちゃんを中心に、いかにも宝塚らしい美しさと色気を感じる舞台でした。まずはゆりかさんの登場シーンから、そのかっこよさには惚れ惚れ!(笑)これは今のトップの中ではゆりかさんしか出せない大人の味ですね。

それぞれの場面もいろいろなタイプの曲が使われ、ゆりかさんがソロで踊るピアソラの「オブリヴィオン」は印象的でした。ソーランを彷彿する群舞もよかったですね~

ご贔屓のそらちゃんのショーガール姿も違和感なく、やっぱり彼女の歌には魅せられますね。声が強いのでミュージカルに合いますから、「ウェストサイド」のアニータが合ったのは納得です。こっちゃんとは又声質が違うので、ダンスとか似たところがあるかもしれませんが、やっぱりそらちゃん独自の魅力で今後も魅せてほしいと思います。

宙組さんは安定ですが、もう一つインパクトがあるといいかな。「オーシャンズ」は作品そのものがインパクトが強いので感じませんでしたが、一番5組の中では宝塚らしい感じはするものの、観終わってものすごく強い印象が残るかと言われると・・・・もちろん演目にもよるし、それぞれの組の特徴があるのでそれでいいのですが、5組あるからこそ面白いですよね~だから、ヅカ全組鑑賞はやめられない!(笑)

さて、次はいよいよ雪組の「ワンス~」です。これから2か月半は雪組~星組とリピート鑑賞が続くので、どうか早く新型コロナ肺炎が治まってくれることを祈るばかりです。


宝塚ミュージカル・ロマン
『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』

作・演出/大野 拓史

【キャスト】
蒲田治道・・・真風 涼帆
カタリナ・・・星風 まどか
アレハンドロ・・・芹香 斗亜
ドン・フェルディナンド・・・英真 なおき
支倉常長・・・寿 つかさ
エリアス・・・桜木 みなと
藤九郎・・・和希 そら

【解説】
スペイン南部の町コリア・デル・リオに「サムライの末裔」を自認する「ハポン(日本)」姓の人々がいる。なぜ遠い異国の地に日本の侍の伝説が残ったのか……。慶長遣欧使節団として派遣された仙台藩士を主人公に、その侍らしい心情や異文化との出会いを色濃く描きあげる、ヒロイックで快活な娯楽作品。
慶長18年、仙台藩が派遣した慶長遣欧使節団の中に、夢想願流剣術の名手・蒲田治道の姿があった。約一年の航海を経て使節団は目的地のスペイン(イスパニア)に到着するが、国王フェリペ3世との交渉が膠着し、港町セビリアの郊外にあるコリア・デル・リオで無為な日々を過ごすこととなる。ある時、奴隷として農場に売られ脱走した日本人少女を助け出した治道は、匿う場所を探して宿屋を営む女性カタリナと知り合う。近隣の大農場主から邪な欲望を抱かれながら、どんな脅しにも屈しないカタリナの凜とした姿に、治道はかつて心惹かれた女性の面影を見出していく。やがて任務を果たした使節団は帰国することとなるが、出航の迫る中、治道のもとにカタリナが攫われたとの報せが入り……。

ショー・トゥー・クール
『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』
~生命の水~

作・演出/藤井 大介

【解説】
香り高く、味わい深い、大人の飲み物ウイスキーをテーマに構成するショー作品。個性的なウイスキーからイメージした数々の場面において、スタイリッシュでクールな格好良さを持つトップスター真風涼帆を中心とした宙組メンバーの多彩な魅力をお届け致します。

(以上解説は公式サイトより)

宝塚大劇場:2019年11月15日(金)~ 12月15日(日)
東京宝塚劇場:2020年1月3日(金)~ 2月16日(日)

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可