FC2ブログ

choroねえさんの「シネマノート」

映画と観劇感想中心のメモブログです♪

TOP >  宝塚歌劇 >  舞台【I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-】宝塚月組公演

舞台【I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-】宝塚月組公演

IMG_4999.jpg

昨年最後に舞台鑑賞した作品です。千秋楽の昼の部という本当に年末最後の公演でしたが、ウィーンでは人気のミュージカルということで楽しみでした。

楽しい舞台でしたね~登場人物が皆面白く、キャストもよく合っていました。
ウィーンのホテルの御曹司とハリウッドの人気女優(実はウィーン出身)のラブストーリーですが、物語は単純なので先も読めます(笑)。しかし、主人公ジョージの両親のことや、ホームレス支援など社会的なこと、エマと母親のことなど、いろいろな話が盛り込まれ物語を膨らましています。

登場人物が個性的で面白いんですね。主人公の二人は比較的普通ですが(笑)、ヒール役のエマのマネージャー、リチャードはオバカで救いようのないワルっぷりだし(笑)、サッカー選手のパブロやジョージの友人でフロント係のフェリックスなどもかなり個性的!ジョージの両親も面白おかしい人物です。

そんなキャラクターにキャストがよくはまっていました。
たまきち(珠城)はこういうまじめな青年の役が似合いますよね。彼女の素朴で温厚そうな雰囲気にジョージはピッタリでした。だからこそ次の地方公演の「赤と黒」のジュリアンはチャレンジだと思います。歌やダンスが特出して上手いわけではないけど、温かな雰囲気は嫌いじゃないです(笑)。まぁ物足りなさは感じますが。(^^;

さくらちゃん(美園)は、トップ娘役になってからの中では今回が一番よかったかなぁ。今まであまり印象の深い演目がなかったのですが、今回は彼女のよさが出ていたように思います。今までパっと目を引く華やかさが感じられなかったのですが、落ち着いた雰囲気があるし、何でもそれなりにそつなくこなすのでキャラクターが合うと安心して観ていられますね。

本作から正二番手スターとなったれいこさん(月城)は、二番手は必ず通る敵役にチャレンジですね。憎らしいキャラクターですが、とにかく華のある人なので決まりますよね。今回久々に観て思ったのですが、意外と声が高いんですね。せりふ、歌共にもう少し厚みが出てくるといいですね。れいこさんは好きなので今後が楽しみです♪

声がピカイチなのはいつものごとくありちゃん(暁)。いつも同じことを書いてますが、やはり舞台ってセリフを一言発した時に声が通るというのは必須だと思うんですよ。まず声が通らないとせりふの内容が伝わりにくいし、もちろん歌に至っては発声も含めて当然のこと。歌舞伎とか小劇場のマイクなしの芝居を観ると、本当に声や発声の重要さを感じます。持ち声というのもあるけれど、やはり声が良いというのは一つの武器ですね。今回のありちゃんの役は面白かった~なんか楽しそうにはじけて演じているように見えました。まさかの〇〇だったなんて(笑)。もちろんウタも素敵でした!

最後はそのパブロと絡むことになるフェリックスを演じたおだちん(風間)はこのところ凄い勢いで出てきていますが、今回もそつなくしっかりと面白おかしいキャラを演じてましたね。まだ下級生ということを感じさせない存在感も出てきて益々今後が楽しみです。歌も以前よりぐんとよくなったように思います。

ジョージの両親役のちなつさん(鳳月)海乃さんは落ち着いていて安心して観ていられるし、やっぱりお上手ですね。二人のシーンは楽しくてとても印象に残ります。

今回、いつになく目立っていて一番印象深かったのは、組長の光月さん!大活躍でしたね~女役は私はお初だったかもしれませんが、とにかく出番は多いし、どのシーンも楽しませてくれてさすが組長さんでした。

大団円のハッピーエンドの明るいミュージカルは、それだけで幸せな気分になれます。本作も賛否はあったようですが、個人的には楽しめたので得した気分でした。(笑)

フィナーレもそれぞれのスターの見せ場もあり、デュエダンが素敵でしたね~たまきち君、リフトも頑張っていて彼女らしさが出ていたし、久々に月組コンビでのデュエダンにうっとりしました。(笑)

申し訳ないながら、月組さんは辛口感想が多かったのですが、今回月組作品としては「All For One」以来の満足度の高さだったでしょうか。全組鑑賞(星組押しだけど(笑))のミュージカルファンとしては、やはりキャストに合った演目と、一定のクオリティを望みたくなります。「赤と黒」は初演を観ていますが、今の月組に合うのかと言われるとちょっと疑問も。。。なかなかヅカの場合は組単位での公演なので、難しいですね。

次の宙組は鑑賞済み(もう一回観ますが(^^;)、3月は雪組が待っているので今から楽しみです♪



日本オーストリア友好150周年記念
UCCミュージカル
『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』


作曲・作詞/ラインハルト・フェンドリッヒ
脚本/ティトゥス・ホフマン、クリスティアン・シュトゥルペック
オリジナル・プロダクション/ウィーン劇場協会
潤色・演出/齋藤 吉正

【キャスト】
ジョージ・エードラー[ホテル・エードラーの一人息子]・・・珠城 りょう
エマ・カーター[ハリウッド女優]・・・美園 さくら
リチャード・ラッティンガー[エマのマネージャー]・・・月城 かなと
ヴォルフガング・エードラー[ジョージの父]・・・鳳月 杏
ロミー・エードラー[ジョージの母 ホテルの社長]・・・海乃 美月
パブロ・ガルシア[アルゼンチン代表のサッカー選手]・・・暁 千星
エルフィー・シュラット[ホテルのコンシェルジュ]・・・光月 るう
ヘルタ・ヴァルトフォーゲル[エマの母]・・・夏月 都
フェリックス・モーザー[ホテルのフロント係]・・・風間 柚乃

【解説】
「エリザベート」、「モーツァルト!」など数々の大ヒットミュージカルを生み出したウィーン劇場協会が、2017年9月にオーストリアそのものを題材として制作したミュージカル「I AM FROM AUSTRIA」。オーストリアの国民的シンガーソングライターであるラインハルト・フェンドリッヒが綴った名曲の数々と、「故郷」や「家族」をテーマとしながら、コメディー要素を散りばめつつ、華やかなレビュー満載の舞台は、オーストリア中に旋風を巻き起こし、2019年6月まで異例のロングランを果たした話題作です。
折しも日本とオーストリアが国交を樹立して150周年となる記念の年に、105周年を迎えた宝塚歌劇の「我が心の故郷」という郷愁とも重なるこの作品を、珠城りょう、美園さくらを中心とした月組により、日本初演致します。

【ストーリー】
舞台はウィーンにある老舗ホテル・エードラー。跡継ぎであるジョージは、伝統を重んじる両親に対し若者らしい革新的な改革を掲げ、悲願である“五つ星”獲得を目指し積極的に経営に参加していた。そこへ、オペラ座舞踏会に出席する為に久々に帰国したオーストリア出身の人気ハリウッド女優エマ・カーターがお忍びでやってくる。しかし従業員の一人が彼女の来訪をツイートした為、マスコミが押し寄せホテルは大混乱に陥ってしまう。ホテル側の不手際を詫びに、ジョージがエマの部屋へ訪ねると、ふとしたことから二人は意気投合するが……。
ホテルの御曹司として自らのなすべき事を模索するジョージ、世界的なスターでありながら自らを失うエマ、各々は惹かれあい、オーストリアの美しい街並みや自然の中で、自分の居場所を見つけていく。
(以上 公式サイトより)

【公演期間】
宝塚大劇場:2019年10月4日(金)~ 11月11日(月)
東京宝塚劇場:2019年11月29日(金)~ 12月28日(土)
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可