FC2ブログ

choroねえさんの「シネマノート」

映画と観劇感想中心のメモブログです♪

TOP >  舞台(ミュージカル以外) >  舞台【十二月大歌舞伎 昼の部】歌舞伎座

舞台【十二月大歌舞伎 昼の部】歌舞伎座

2019-12歌舞伎座

阿古屋

舞台感想が昨年のものからかなり溜まっているのですが、鑑賞順で、12月初めに観た歌舞伎公演から。

いつもの歌舞伎フリークの友達から、玉三郎の「阿古屋」がまた再演されて、3階席のチケットが取れたからと譲り受けました。以前から観たかった「阿古屋」と、中車が主演の「たぬき」、若手二人による舞踊「村松風二人汐汲」の3演目です。

どの演目も私は初見でしたが、とても楽しく鑑賞できました。最初の「たぬき」はいわゆるコメディですよね。コレラで亡くなった主人公が自分の葬式の後、なぜか生き返ったものの、家族はもとより、愛人からも誰からも必要とされておらず、愛人には騙されてお金だけ貢がされていたことにショックを受け、このまま死んだことにして、一年後復讐をはかろうとするという話なのですが、ありえない設定が面白く、また最後に彼が救われたのは自分の子どもというのも、ありきたりのようではあってもホッとします。

中車(香川照之)はさすがに演技は抜群ですから、主人公金兵衛にはよく合っていて、楽しませてくれました。2012年の襲名披露の時は、まだ歌舞伎の発声に慣れていなかったのか、かなり後半の公演では声が荒れてしまっていたようですが、今回はせりふもしっかりと聞き取れるし、さすがに7年歌舞伎の世界でも頑張られた証しですね。

妾のお染役の児太郎も若くて綺麗でしたが、太鼓持の蝶作役の彦三郎は声がよく通るし上手いですね。「阿古屋」では重忠役でしたが、全く違うキャラクターの演じ分けも素晴らしかったです。

舞踊の「村松風二人汐汲(むらのまつかぜににんしおくみ)」は昨年より「阿古屋」を玉三郎から受け継いでトリプルキャストで演じている梅枝児太郎の二人舞踊で、こちらも見ごたえがありました。いつも思いますが、日本舞踊は洋舞とはまた違って中腰の姿勢が多く、またすごい背筋が必要ですよね。(私は日舞については全くわかりませんが)重い衣装をまとっての美しいポーズには魅せられます。

お目当てだった「阿古屋」は、過去も数名の方しか演じてないそうで、昭和33年以降は歌右衛門と玉三郎のみ、そしてようやく一昨年の暮に今回も演じる梅枝と児太郎が玉三郎とトリプルキャストで主演を演じるようになったようです。いきなり20代の若手に引き継いでいくと言うのも玉三郎の未来への希望もあってでしょうが、とにかくこの演目、ただ芝居や舞踊だけでなく、楽器を3種類こなさなくてはならない、という大変な役で、だからこそ演じられる人が限られるんですね。

今回は私は初めてだったの当然玉三郎の回を選びましたが(実家の母などもずいぶん昔に観ているようです。もしかしたら玉三郎だけでなく歌右衛門のも観ているのかも)、さすがでしたね~琴、三味線、胡弓を奏でるわけですが、特に胡弓が素晴らしく聴き入りました。あの厚く重い太夫のいでたちで演奏するわけですから、普通に弾くのとはわけが違います。構えかた一つとってもノーマルではないので弾きにくいでしょう。しかも花魁のかつらたるやどれほど重いのか。やはりこれは女性では無理ですよね。(^^;
玉三郎は若い頃から何度か観ていて、本当に昔は綺麗で見惚れるほどでしたが、70歳になろうという今も声の出し方、立ち姿などは美しい。。。お顔だけは少し若い頃よりはふっくらした感じがしますが、それでも他の女形の人と比べると、せりふの口調もちょっと違うかな~と思います。

松緑の演じた岩永という役は人形ふりのような面白い役で、せりふが一言もないんですね。すべて義太夫の方が語りますが、この役を一昨年は玉三郎が演じたとか。それも観たかったですね~松緑はよく合っていました。先にも書きましたが、彦三郎の重忠は貫禄もあり適役!ステキでした。

珍しく、昨年11月から3ヶ月連続での歌舞伎鑑賞となりましたが、歌舞伎も見始めるとまた次々と観たくなってしまいます。ミュージカルにつぎ込まなければいけないので(笑)歌舞伎にまで嵌るとまずいですから、ここは抑えるつもりですけど。。。(^^;  

3本目、お正月は海老蔵さんを観てきました!その感想はまた後日。

昼の部(Aプロ)

大佛次郎 作
石川耕士 演出

一、たぬき

柏屋金兵衛・・・中車
妾お染・・・児太郎
太鼓持蝶作・・・彦三郎
狭山三五郎・・・坂東亀蔵
隠亡平助・・・萬太郎
芸者お駒・・・笑也
女中お島・・・弘太郎
松村屋才助・・・松江
門木屋新三郎・・・桂三
隠亡多吉・・・市蔵
芝居茶屋女房おはま・・・齊入
備後屋宗右衛門・・・家橘
女房おせき・・・門之助

二、村松風二人汐汲(むらのまつかぜににんしおくみ)

松風・・・梅枝
村雨・・・児太郎

三、壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)
   阿古屋


遊君阿古屋・・・玉三郎
秩父庄司重忠・・・彦三郎
榛沢六郎・・・功一
岩永左衛門・・・松緑

【見どころ】
一、たぬき(A・Bプロ)
ユーモアあふれる人情喜劇
 深川の火葬場では、放蕩三昧の末に急死した柏屋金兵衛の葬式が営まれています。ところが日も暮れた頃、金兵衛は再び息を吹き返します。肩身の狭い婿養子の暮らしに辟易していた金兵衛。これを幸いにこのまま自分は死んだことにして、女房おせきのもとへは戻らず、妾のお染と生きようと考えますが…。
 人間の心の表と裏を描いた、おかしさと切なさが巧みに混じり合う喜劇の傑作をお楽しみください。

二、村松風二人汐汲(むらのまつかぜににんしおくみ)(Aプロ)
かつての恋を儚む、切ない舞踊
 在原行平が須磨へ流された際、深く契りを交わした海女の松風と村雨の姉妹。行平が形見として残した烏帽子と狩衣を身にまとい、姉妹はその面影を偲び舞い踊ります。
 謡曲「松風」を素材にした歌舞伎舞踊「汐汲」。踊り手を二人にする趣向で、清新な顔合わせにてご覧いただきます。

三、壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)(A・Bプロ)
愛する人を思い奏でる、麗しき音色
 平家滅亡後、平家の武将悪七兵衛景清の行方を詮議するため、問注所に引き出された景清の愛人、遊君阿古屋。景清の所在を知らないという阿古屋に対し、岩永左衛門は拷問にかけようと主張しますが、詮議の指揮を執る重忠はこれを制します。重忠が阿古屋の心の内を推し量るために用意させたのは、琴、三味線、胡弓。言葉に偽りがあれば音色が乱れるはずだと、三曲の演奏を命じられた阿古屋は…。
 実際に楽器を奏でながら心情を細やかに表現しなければならない阿古屋は、女方屈指の大役。絢爛豪華な義太夫狂言の名作を、日替わりの配役でご覧いただきます。

(以上解説は松竹公式サイトより)

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可