FC2ブログ

choroねえさんの「シネマノート」

映画と観劇感想中心のメモブログです♪

TOP >  ミュージカル(舞台・コンサート) >  舞台【ミュージカル ライオン・キング】劇団四季

舞台【ミュージカル ライオン・キング】劇団四季

IMG_4538.jpg
(クリスマス前だったので看板もクリスマス仕様)

新年第1弾の感想記事が昨年11月末に観たこちらというのもナンですが、とりあえず舞台も観劇順ということで・・・

今年は超実写版という映画が公開されたことで、新たに注目された本作ですが、舞台を観るのは私も初演時以来2回目です。ということは20年ぶり?(笑)今回は家族全員が映画も観たので、滅多にないことですが、総出での観劇となりました。いつもはミュージカルは私と長女の2人だけが観るのですが、夫や次女や長女の婿殿も含めて一斉観劇は初めてです(笑)。ま、たまには大勢でというのもいいですね。もちろんお得意の天井桟敷席でした。(^^;

久々に観ましたが、今回キャストに恵まれかなり歌のクオリティは高くて満足でした!
ストーリーはアニメや実写映画と同じなので、細かな感想は省きますが、やはりあの動物の動きはよくできてますね~好みはあるようですが、私はあらためて観て本当によく考えられているな~と感心しました。アフリカの草原の雰囲気を出すのは難しいですよね。ヤングシンバがヌーの大群に追われるシーンは、舞台だとどのようにするのかと楽しみだったのですが、やはり上手く作られていてその雰囲気は伝わりました。2階席から観るとより舞台装置がよくわかったりして・・・(笑)

普段四季の舞台は生オケでないのが惜しいのですが、今回はパーカッションだけお二人の生のパーカッショニストが入っておられて、やっぱり生演奏に尽きるなぁとあらためて思ったりしました。

キャストも皆よかったです。幕開けのラフィキの第一声で印象が決まりますしね~ラフィキ役の遠藤さんは本当にいいお声で驚きました。クラシック出身の方のようですが、すごく強くて音域の広い素晴らしいお声ですね。

今回シンバの島村さんとスカーの道口さんも「アラジン」でお馴染みだったので楽しみでした!やっぱりお二人とも安心して観ていられます。道口さんはジーニーとは真逆のキャラですが上手いですね~声が立つのでせりふもわかりやすくていいです。ナラのさんも綺麗な声で魅力的でした。ナラは強い雌ライオンですが、ピッタリでしたね!

ティモンとプンパァの近藤さんと深見さんも楽しませてくれました!しかしティモンの動きは凄いですね。プンパァはちょっと可笑しな様相だし(笑)。

何と言ってもこのミュージカル、ヤングシンバが大活躍!1幕はほとんど子役ちゃんが演じるので四季の舞台の中でも最も子役の出番が多いのではないでしょうか。歌もダンスもあるし、今回の岩間君も本当に上手でした。四季に限らずどの舞台も子役の素晴らしさには目をみはるばかりです。実は初演時のヤングシンバ、私が観た回は、いまをときめくミュージカルスターになった海宝直人君でした。その時も上手だなぁと思った記憶がありますが(レミゼの山本君ほどはっきりは覚えてませんが(^^;)まさかのスターになりましたからね。今の子役ちゃんたちの中からも将来のスターが生まれるかもしれませんね。

日本の舞台で20年以上のロングラン作品というのは他にないと思いますが、映画化された後とは言え、今でもほぼ客席が埋まるというのは凄いですよね。今年は大井町から有明の方にお引越しするようですが、どこまでロングランが伸びるのか気になるところです。

【キャスト】(2019.11月末)
ラフィキ・・・遠藤珠生
ムファサ・・・金久 烈
ザズ・・・布施陽由
スカー・・・道口端之
ヤングシンバ・・・岩間甲樹
ヤングナラ・・・金子楓香
シェンジ・・・小林英恵
バンザイ・・・小原哲夫
エド・・・川野 翔
ディモン・・・近藤聡明
プンバァ・・・深見正博
シンバ・・・島村幸大
ナラ・・・朴 悠那
サラビ・・・市川友貴

【オリジナル・スタッフ】
作曲:エルトン・ジョン
作詞:ティム・ライス
台本:ロジャー・アラーズ、アイリーン・メッキ
オリジナル演出:ジュリー・テイモア
振付:ガース・フェイガン
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可