FC2ブログ

choroねえさんの「シネマノート」

映画と観劇感想中心のメモブログです♪

TOP >  2019~2020年 公開映画 >  「マレフィセント2 」(2019)

「マレフィセント2 」(2019)


マレフィセント








「アナ雪2」も既に観たのですが、同じディズニーのこちらの感想をまだ書いてませんでした。 またまた日が経ってしまったので簡単感想です。(^^; しかし、人気作品の続編が続けて公開というのも凄いですね。(笑)






マレフィセントはディズニーヴィランズの中でも人気キャラですよね。子どもの頃はあの魔女然とした風貌が怖かったし、ドラゴンに変身というのも迫力があります!






しかし、このシリーズは今までのイメージとは違う、まさかのマレフィセントの母性を全面に出した展開で、自分も人の親になった今観ると新たな感動があります。そして展開もまた今回新しい視点で描かれているので楽しめました。






マレフィセントは何をもっても不死とか(笑)ファンタジーなので何でもありなので突っ込みどころも満載ですが、そこはおとぎ話なので気にせず素直に観ればいいと思います。(笑)






映像もさすがに綺麗でやはり大画面向けの作品ですね。お城はもちろんのこと、庭園や森、洞窟など、美術が素晴らしく、白の城壁や内側などは「ロード・オブ・ザ・リング」を思い出しました。今回は翼を持つ妖精が出てくるので、空中戦も迫力があり、彼らが飛ぶところは「アバター」も思い出しますね。(笑)






どんな生き物も平和に共存できることは夢だけど、中々現実社会ではそうはいかず、せめてファンタジーの中ではハッピーエンドで終わりたいので、本作も観た後は気持ちがよかったです。映画や小説などの中では常に平和を望んでいるのに、難しいですね。。。残念ですが。






アンジーは相変わらず役にピッタリで綺麗でしたが、一作目よりは出番が少ないんですね。控えめなマレフィセントでしたが、やはり存在感は凄く、まぁ絶対によみがえるだろうな~と思っていたらその通りで笑ってしまいました。(^^; 本当に最強の魔女です!






今回のヴィラン役はミッシェル・ファイファー演ずる王妃ですが、この悪役ぶりが凄い!上手いですね~ここでファイファーを持ってきたところがディズニーの力かな~(笑)






オーロラ役のエルも少し大人っぽくなってとても可愛かったですね。フィリップ王子も素敵でした!






そうそう個人的にですが、王様役のロバート・リンゼイに反応してしまいました。懐かしの「ホーンブロワー」シリーズのペリュー提督ですよね~今回は魔法をかけられて可哀想な役でしたが、お元気そうでよかったです(笑)。






最後の結婚式のシーンで、3人の妖精がオーロラの衣装の色を変えるところは、オリジナルアニメを思い出してにんまり。前作ではあのシーンがなかったので、今回再現されていて嬉しかったです♪






オーロラの育ての親であるマレフィセントの母性と、彼女の仲間との出会いなど、オリジナルにはない世界観が大人っぽくて、大人の女性が楽しめる作品だったと思います。やっぱりアンジーのオーラは違いますね。 おりしもブラピの映画と続けての公開だったので、ちょっと複雑ではありましたが。。。(^^;






原題:MALEFICENT: MISTRESS OF EVIL

ジャンル:ファンタジー/アドベンチャー/アクション

製作国:アメリカ 

上映時間: 119分

初公開日: 2019/10/18  

公開情報:ウォルト・ディズニー・ジャパン 

映倫:G



監督:ヨアヒム・ローニング

製作:ジョー・ロス、アンジェリーナ・ジョリー、ダンカン・ヘンダーソン

原案:リンダ・ウールヴァートン

脚本:リンダ・ウールヴァートン、ミカ・フィッツァーマン=ブルー、ノア・ハープスター

撮影:ヘンリー・ブラハム

プロダクションデザイン:パトリック・タトポロス

衣装デザイン:エレン・マイロニック

音楽:ジェフ・ザネリ



出演:

アンジェリーナ・ジョリー・・・マレフィセント

エル・ファニング・・・オーロラ姫

ミシェル・ファイファー・・・イングリス王妃

ハリス・ディキンソン・・・フィリップ王子

サム・ライリー・・・ディアヴァル

キウェテル・イジョフォー・・・エド・スクライン

イメルダ・スタウントン

MIYAVI

ジュノー・テンプル

レスリー・マンヴィル



【解説とストーリー】

 ディズニーの名作アニメ「眠れる森の美女」を、悪役“マレフィセント”を主人公にして実写映画化したファンタジー・エンタテインメントの続編。再び勃発する人間界と妖精界の争いの行方を描く。主演は引き続きアンジェリーナ・ジョリーとエル・ファニング。共演にミシェル・ファイファー、ハリス・ディキンソン、サム・ライリー。監督は「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のヨアヒム・ローニング。

 邪悪な妖精マレフィセントの呪いによって16歳のときに永遠の眠りに落ちたオーロラ姫は、マレフィセント自身の真実の愛によって呪いを解かれ、ついに目を覚ました。ムーア国の女王となった彼女は、アルステッド国のフィリップ王子との愛を育み、やがて彼のプロポーズを受け入れる。2人の結婚は、これまで争いの絶えなかった人間と妖精の間に平和をもたらすものと思われた。フィリップ王子の母でアルステッドの王妃イングリスからも温かく迎えられるオーロラ姫だったが…。(allcinemaより)
関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可