FC2ブログ

choroねえさんの「シネマノート」

映画と観劇感想中心のメモブログです♪

TOP >  2019~2020年 公開映画 >  「ライオン・キング」(2019)

「ライオン・キング」(2019)

lion king小

お盆休みに入ってしまうので、久々に公開初日に観てまいりました!先にもう一本劇場鑑賞したものがあるのですが、まずはこちらから。

アニメ版をDVDで何度となく観ていた本作ですが、劇団四季の舞台は20年前に一度観た切りで、この秋にようやく2回目を観る予定です(笑)

さて、そんな本作がフルCGアニメ化ということで楽しみにしていましたが、最初予告を観た時は動物以外は実写なのかと思ったんですよね。それが、なんと周りの景色から全てがCGだと聞き驚きました。とにかく映像が素晴らしい!実写にしか見えません。動物たちも本当に動物が演技をしているようで、アニメとは違いとても大人っぽいライオン・キングになっていたと思います。

ストーリーは驚くほど(笑)アニメのままなんですね。運びももちろんのことながら、せりふも(私は字幕で観ましたが)同じところがたくさんあって、つい先日おさらいの為にアニメ版を観たばかりだったのでよくわかって面白かったです。

しかしアフリカの広大な景観は大画面で観ると圧巻です。冒頭の”サークル・オブ・ライフ”のところはアニメと本当に同じだし、音響が抜群なので感動もひとしおですね。(Dolby ATMOSだったので余計に感じたのかも) 

先ほども映像の凄さに驚いたと書きましたが、まるでネイチャーフィルムみたいですよね。あれで動物がしゃべらなかったら、普通に「アフリカの大自然の過酷さ」みたいな題名がつく映像に思えます。そこにセリフや歌が出てくるので、「あ~これはアニメだったんだ」と気づくような感じで(笑)、このリアルさって数年前には想像できなかったですよね。本当にCGの進歩には目を見張りますね。TVでもプロモの映像が何度も流れていますが、観るたびにどうしてこんなリアルな動きがCGでできるのかシロウトは不思議でなりません。毛の一本一本まで行き届いた動きや、走り方や首の動かし方や、本当にこれが作り物?っと思ってしまいます。(笑)

実写映像として作られ、動物たちもそのままの自然な姿で描かれている分、大人も十分楽しめる満足度の高い作品となり、勧善懲悪のストーリーながら、自然界の法則や歌にある”サークル・オブ・ライフ”というテーマなど、アニメの時以上に訴えかけているものがはっきりとしていたように思いました。

ミュージカルとしてはそれほどナンバーが多いわけではありませんが、字幕版はその歌声を聴くだけでも価値がありますね。ドナルド・グローバービヨンセの”愛を感じて”は流石に聴きごたえ十分!今回はビヨンセの歌を聴くのも目的だったので大満足でした。(^^) スカーのキウェテル・イジョフォー「キンキーブーツ」のローラと同一人物とは思えぬ(笑)悪役ぶり。ムファサのジェームズ・アール・ジョーンズはベイダーよろしく低音を聴かせてくれますし、ティモンとプンバァのビリー・アイクナーとセス・ローゲンも本当に上手い!吹替え版も話題ですが、本作は字幕も必聴(?)かなと思います。

「ジャングル・ブック」も主人公以外はほとんど動物しか出てきませんでしたが、今回は完全に動物のみのお話し。人間が一人も出てこないのにいわゆる今までのアニメーションと違い実写のように作ってこのように仕上がるとは驚くばかりですね。ファブロー監督はつい先日「スパイダーマン・ファー・フロム・ホーム」でお目にかかったばかりなので何だか不思議な感じがします。スパイダーマンのハッピーからは全くこんな映画を作る監督とは想像できませんから。(笑)

この日初めて「キャッツ」の予告編を観ましたが、逆にキャッツは舞台が先ですからダンスシーンが多く、同じ人間が出てこない物語でもこの「ライオン・キング」とは全く違うテイストの作品ですよね。映画版はキャストも豪華だし、今からどのようになるのかこちらもとても楽しみです♪


原題:THE LION KING
上映時間:119分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ウォルト・ディズニー・ジャパン)
初公開年月:2019/08/09
ジャンル:ファミリー/アドベンチャー
映倫:G

《コピー》
全人類の心ふるわす
キング・オブ・エンターテイメント
「忘れるな、シンバ――自分が何者なのか」

監督:ジョン・ファヴロー
脚本:ジェフ・ナサンソン
撮影:キャレブ・デシャネル
視覚効果監修:ロバート・レガト、アダム・バルデス
音楽:ハンス・ジマー
オリジナルソングス:ティム・ライス、エルトン・ジョン

声の出演:
ドナルド・グローヴァー・・・シンバ・・・賀来賢人
セス・ローゲン・・・プンバァ・・・佐藤二郎
キウェテル・イジョフォー・・・スカー・・・江口洋介
アルフレ・ウッダード・・・サラビ
ビリー・アイクナー・・・ティモン・・・亜生(ミキ)
ジョン・カニ・・・ラフィキ
ジョン・オリヴァー・・・・・・ザズー
フローレンス・カサンバ・・・シェンジ
エリック・アンドレ・・・アジジ
キーガン=マイケル・キー・・・カマリ
ビヨンセ・ノウルズ=カーター・・・ナラ・・・門山葉子
ジェームズ・アール・ジョーンズ・・・ムファサ・・・大和田伸也

【解説とストーリー】
 ディズニーが1994年に手がけた名作アニメ「ライオン・キング」を「アイアンマン」「ジャングル・ブック」のジョン・ファヴロー監督が、最新の映像技術を駆使して実写化したエンタテインメント大作。雄大なアフリカの大自然を舞台に、偉大な王ムファサの息子として生まれながら、謀略によって国を追われた子ライオン、シンバが、仲間たちの友情と愛に支えられて成長し、自ら運命を切り拓いていく姿を、実写もアニメーションも超えた驚異の“超実写版”映像で描き出す。声の出演はドナルド・グローヴァー、セス・ローゲン、キウェテル・イジョフォー、ビヨンセ、ジェームズ・アール・ジョーンズ。
 命あふれるサバンナの王国プライドランド。威厳に満ちたライオンにして、動物たちの尊敬を集める偉大な王ムファサに息子シンバが誕生する。シンバはいつか父のような勇敢な王になりたいと夢みながら元気に成長していく。しかしある日、王の座を狙う叔父スカーの謀略によって父を失い、自らも王国から追放されてしまう。やがて行き倒れていたところを陽気なイボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンに助けられ、彼らと一緒に緑豊かなジャングルで自由気ままな生活を送っていくシンバだったが…。(allcinemaより)

関連記事
スポンサーサイト



Re: なぎさん * by choro
> さてさて、アニメってどこまで進化するんでしょうね。
> そんな驚きの映像でした。

超実写って何?と思いましたが、本当に実写のようで驚きました。
これがCGとはひと昔前なら考えられませんね。

> TBお返しさせてくださいね♪

ごめんなさい。残念ながら入ってないようです。
FC2のTB、何だかよくわかりませんね。
FC2同士だとやりやすいのかな?いろいろなやり方があるのかな?私も研究中です。

No Subject * by なぎ
ご無沙汰してます。コメントのお返事も遅くなりました。
少しずつ復活しようかと思っています^^;

さてさて、アニメってどこまで進化するんでしょうね。
そんな驚きの映像でした。

TBお返しさせてくださいね♪

コメント






管理者にだけ表示を許可

Re: なぎさん

> さてさて、アニメってどこまで進化するんでしょうね。
> そんな驚きの映像でした。

超実写って何?と思いましたが、本当に実写のようで驚きました。
これがCGとはひと昔前なら考えられませんね。

> TBお返しさせてくださいね♪

ごめんなさい。残念ながら入ってないようです。
FC2のTB、何だかよくわかりませんね。
FC2同士だとやりやすいのかな?いろいろなやり方があるのかな?私も研究中です。
2019-12-07 * choro [ 編集 ]

No Subject

ご無沙汰してます。コメントのお返事も遅くなりました。
少しずつ復活しようかと思っています^^;

さてさて、アニメってどこまで進化するんでしょうね。
そんな驚きの映像でした。

TBお返しさせてくださいね♪
2019-12-03 * なぎ [ 編集 ]