FC2ブログ

choroねえさんの「シネマノート」

映画と観劇感想中心のメモブログです♪

TOP >  自宅鑑賞映画【洋画】 >  「リトル・ダンサー」(2000)

「リトル・ダンサー」(2000)


出演:ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ、ゲイリー・ルイス
   ジェイミー・ドレイヴン、ジーン・ヘイウッド

監督:スティーヴン・ダルドリー
脚本:リー・ホール
音楽:スティーヴン・ウォーベック

原題:BILLY ELLIOT
上映時間:111分
製作国:イギリス
公開情報:劇場公開(日本ヘラルド映画)
初公開年月:2001/01/27
ジャンル:ドラマ

《コピー》
僕がバレエ・ダンサーを夢見てはいけないの?

【ストーリー】
 1984年、イギリス北部の炭鉱町。11歳のビリー(ジェイミー・ベル)は炭坑労働者のパパ(ゲイリー・ルイス)と兄トニー(ジェイミー・ドレイヴン)、おばあちゃん(ジーン・ヘイウッド)と暮らしていた。ある日、ビリーの通うボクシング教室のホールにバレエ教室が移ってきた。ふとしたことからレッスンに飛び入りしたビリーは、バレエに特別な開放感を覚えるのだった。教室の先生であるウィルキンソン夫人(ジュリー・ウォルターズ)もビリーに特別な才能を見出した。それからというものビリーはバレエに夢中になるのだが……。(allcinemaより)

「スクリーン誌による平成版ベストムービー100」の第74位にランクインした本作、未見だったので早く観たかったのですが、このところ名作を立て続けにやってくれているNHKBSで放映されたのでやっと観賞することができました。先日、観たばかりの「ジャンパー」で大活躍だったジェイミー・ベル君のデビュー作ですね。

イギリスの北部の炭鉱町というと、ユアン・マクレガーの「ブラス!」をすぐに思い出しましたが、街並なども似てますよね~日本でも「フラガール」などで炭鉱閉鎖の時の激動の様子が描かれていましたが、どこの国でもこの時代、炭鉱関係者は大変だったんですね。'84というと、「ブラス!」や「フラガール」よりは最近の話になりますが、まだイギリスでは炭鉱町が残っていたんですね。

そんな田舎町でもさすがイギリス!まずは子どもたちの制服姿が素敵です。きちんとしたネクタイとブレザー姿が小学生のうちから決まってますね(笑)。
しかし、まだまだ大人たちの考え方は古いのか、主人公ビリーのお父さんは自分の仕事の労働組合のストライキの事で頭が一杯ということもあり、ハナっからバレエなど女の子のするもの、と決め付けて、ビリーが習うことには大反対します。まぁ、クラシックバレエとなると、確かに男の子でやっている子は少ないですものね。でも、ビリーはダンスをしたかったというおばあちゃんの影響なのか、ボクシングよりバレエに興味を持ってしまい、その才能をどんどん開花させるんですね。

この映画はビリーの成長物語と共に、家族のあり方、炭鉱労働者の苦悩などを平行して描いていて、いかにもイギリス映画らしいヒューマンドラマになっています。ビリーの踊る姿を観て、それまで反対していた父親が何とかしてロンドンのロイヤルバレエスクールのオーディションを受けさせるための資金を作ろうとするところなど感動ですね。子どもの才能とやりたいことを認めて送り出すというのは本当に簡単なようで意外に難しいこともあるのですが、今までバレエなどほとんど観たこともないお父さんが、ロンドンまで息子と一緒に行き、親子面接まで受けるシーンは胸が熱くなりました。

ロイヤルバレエスクールの建物や内部はロケーションなのでしょうか。昔ウィーン少年合唱団に入団する子どもの映画を観たことがありますが、その時見た合唱団の建物や雰囲気と被りました。イギリスのロイヤルバレエスクールと言えば、ローザンヌ国際コンクールなどに入賞した子ども達が必ずと言っていいほど留学するバレエ学校。世界中のバレリーナの卵の憧れの聖地なのでしょう。その伝統の重みを感じる建物で、確かに田舎の体育館のようなところでレッスンしていた子どもが初めて行ったら驚くでしょうね~

そんな立派な学校に圧倒されたのか、ビリーは思うようにオーディションで踊れないのですが、面接の時に彼が言った「踊っている時の気持ち」が先生の心に響いたのか、彼は合格します。オーディションの時のドキドキ感や、合格通知が来た時の言葉にできない感動の様子など、ジェイミー君はダンスと共に本当に上手でしたね!

ロンドンに送り出すときのお父さんやお兄ちゃん、おばあちゃんとの別れも涙を誘いましたが、ラストシーンの彼が大人になって立派なプリンシパルとして踊る舞台を家族や子ども時代のゲイの親友が観に行くところも素敵でした。あそこにビリーに最初にバレエを教えたウィルキンソン先生がいたらもっとよかったかも。(^^ゞ

そのウィルキンソン先生役は「ハリポタシリーズ」のロンのお母さんであるモリー・ウィーズリー役のジュリー・ウォルターズでしたね。ここでもロンママと似たようなキャラで、いつもタバコを吸いながらのレッスンには笑ってしまいましたが、ビリーの才能をいち早く見いだし、熱意のある指導とロイヤルバレエスクールへの推薦をする素敵なバレエ教師でした。ビリーの父親役のゲイリー・ルイスと共に、この映画を締めていますよね。

ジェイミー君、クラシックバレエだけでなくタップダンスやリバーダンスも含めてあれだけマスターするのは大変だったでしょうね。お父さんに見せたダンスは本当に拍手したくなるくらい素晴らしかったですね!またラストの「白鳥の湖」はマシュー・ボーンの白鳥だったのも、めずらしく男性を主人公にしたバレエ映画としてはグッドでしたね!マシュー・ボーンの「白鳥の湖」が観たくなりました♪

地味な炭鉱町での温かな物語で、人気なのも頷けます。これは誰にでもお薦めできる素敵な作品ですね!
関連記事
スポンサーサイト



No title * by choro
★なぎさん、いい映画ですよね~ホント、ラストは泣けますね。
ジェイミー君の演技やダンスも素晴らしかったです。
TBありがとうございました~♪

No title * by なぎ
大好きな1本になりました。
ラストのダンスは、お父さんは涙で見えなかっただろうな~と思いつつ、もらい泣きでした。
TBさせてくださいね☆

No title * by choro
★くみょんさん、面白かったですよね。ポップスに詳しいくみょんさんはなるほど音楽も印象に残られたんですね。とにかくセンスのある作品ですよね。
TBありがとうございました~♪

No title * by くみょん
これはほんとツボにはまりました。
おそらくストーリーだけでも気に入ったと思うのですが映像センスと音楽にやられました。
舞台になっている80年代の反政府を歌詞に取り入れていたパンクバンドの曲を使うというのも時代を表していてよかったです。
TBお返しさせてもらいますね。

No title * by choro
★pu-koさん、先生、そうだったのですか。それは残念でしたね~
でも素敵な映画でしたね。私もやっと観れてよかったです。(^^ゞ
TBありがとうございました~♪

No title * by pu-ko
いい映画でしたよね。あのラストシーンは込み上げてくるものがありました。
そうそう、本来あのシーンに先生の姿があるべきでしたが、都合が付かず‥ということだったようですよ。残念。
TB返しさせてくださいね。

No title * by choro
★Mさん、わかります~私も何年も前に録画してあったりした作品で未見なものも結構残ってます。^^;この映画もこんなに有名で人気作なのに、今まで手を出せずにいました。でもやっと観られてよかったです。温かないい映画でしたね~♪
「こんな記事~」で知っている方のところに行き当たるとちょっと嬉しいですよね。(笑)ありがとうございます~♪

No title * by M
もう何年も前に録画したままなぜか放置していたこの映画。やっと観ました、派手さはどこにもないのにとっても心に迫ってくる映画でした。ところどころユーモラスなのもよかったです^^TBさせて下さいませ~(実は「こんな記事も~」から飛んできました・笑)

No title * by choro
★nzさん、どこの国でもやっぱり男の子はスポーツが主流ですよね。特に小さい時はダンスを習っている男の子ってほとんどいないような・・(笑)でもある時から才覚を表して一流に成長する子も多いのは女子と違ってすごいな~と思います。(音楽でもそうですが)
とても温かで素敵な映画でしたね~♪

No title * by NZ_RR
これは、良かったですね。じわっと押し寄せてくるラストシーンの感動は、いまでも鮮明に覚えています。NZも男はラグビーみたいなところがあります…(^^;

No title * by choro
★カルちゃん、ラスト、よかったですね~
年をとったお父さんとお兄ちゃん、そしてゲイの幼なじみの前で羽ばたいたビリーが眩しかったです。
温かくて素敵な作品でした。TBありがとうございます~♪

No title * by choro
★つっぱり太郎さん、ホント、素敵な映画でした。遅れ馳せながら観れてよかったです♪

No title * by car*ou*he*ak
久しぶりに見ましたが新たな感動がありました。
名作(多分)言われるものにはすごい力がありますね。
そしてこの映画のハイライトはラストシーン。
あの後姿見ただけで涙が止まらなくなってしまいます。
TBさせてください。

No title * by つっぱり太郎
これは素敵な映画でしたネ。公開時に観ただけですが、一応先日の放送を録画しておきましたので、そのうち久しぶりに観てみようかと思います。

No title * by choro
★Shinchanさん、この映画は誰が観ても気持ちよく観られる作品ですよね!子どもの成長を見守る父親がとても素敵でした。子どももあんなお父さんがいたら幸せですよね。確かに親として見習わなければと思ってしまいます。^^;

No title * by choro
★andanteさん、T・レックスの音楽もよかったですね~♪
記事のTBもありがとうございました。生のアダム・クーパーは素敵だったでしょうね。私もこの映画を早くに観ておけば渋谷まで足を運んだのに惜しかったです。^^;

No title * by choro
★miskaさん、自由なようでいて、なかなか取りさる事ができない壁があるのは事実のようですね。
そそ、昔ロシアのバレエ学校の話を聴いた時も、子どもの体型とか遺伝的なことなどがまず第一関門みたいなことを言っていました。足の形とかもですよね。確かに世界に通ずる一流ダンサーになるには、努力だけでは補えないものも大きいのでしょうね~
ラストの「白鳥~」はもう少したくさん観たかったです♪(^^)

No title * by shin
3・4日前でしたか???深夜だったんですが、一杯やりながら見てました。はじめから見る予定でいたし、夜中なので集中して見ることが出来ました。テレビで見るとがっかりすることが多いんですが、この夜はとっても気持ちよく見ました。あんな親父になれたら幸せなんですが…(^^♪。

No title * by アンダンテ
この映画大好きです。音楽もT・レックスでノリノリなんですよね。
多分、最後はコヴェントガーデンにある「ロイヤル・オペラハウス」だと思います。
早速TB、昔のパンフ探してみます。
アダム・クーパーの日本公演も観にいったんですよ、
この映画のお陰で。

No title * by miskatonic_mgs_b
これはいい映画ですね。子供のためにお父さんが主義を曲げるところとか、先生とか。
イギリスはいまだ階級社会ですから、そう云うのがない国よりは
実は自由に生きにくい国なのかもしれませんね。
そうそう、バレエは資質が大事みたいですね。バレエの先進国では
子供の時の体型や骨格で既に優劣が決まっちゃうみたいですね。
最後の「白鳥の湖」のアダム・クーパーもなかなか映画としても
効いていましたね。

コメント






管理者にだけ表示を許可

No title

★なぎさん、いい映画ですよね~ホント、ラストは泣けますね。
ジェイミー君の演技やダンスも素晴らしかったです。
TBありがとうございました~♪
2009-08-15 * choro [ 編集 ]

No title

大好きな1本になりました。
ラストのダンスは、お父さんは涙で見えなかっただろうな~と思いつつ、もらい泣きでした。
TBさせてくださいね☆
2009-08-13 * なぎ [ 編集 ]

No title

★くみょんさん、面白かったですよね。ポップスに詳しいくみょんさんはなるほど音楽も印象に残られたんですね。とにかくセンスのある作品ですよね。
TBありがとうございました~♪
2009-06-21 * choro [ 編集 ]

No title

これはほんとツボにはまりました。
おそらくストーリーだけでも気に入ったと思うのですが映像センスと音楽にやられました。
舞台になっている80年代の反政府を歌詞に取り入れていたパンクバンドの曲を使うというのも時代を表していてよかったです。
TBお返しさせてもらいますね。
2009-06-18 * くみょん [ 編集 ]

No title

★pu-koさん、先生、そうだったのですか。それは残念でしたね~
でも素敵な映画でしたね。私もやっと観れてよかったです。(^^ゞ
TBありがとうございました~♪
2008-08-22 * choro [ 編集 ]

No title

いい映画でしたよね。あのラストシーンは込み上げてくるものがありました。
そうそう、本来あのシーンに先生の姿があるべきでしたが、都合が付かず‥ということだったようですよ。残念。
TB返しさせてくださいね。
2008-08-19 * pu-ko [ 編集 ]

No title

★Mさん、わかります~私も何年も前に録画してあったりした作品で未見なものも結構残ってます。^^;この映画もこんなに有名で人気作なのに、今まで手を出せずにいました。でもやっと観られてよかったです。温かないい映画でしたね~♪
「こんな記事~」で知っている方のところに行き当たるとちょっと嬉しいですよね。(笑)ありがとうございます~♪
2008-07-17 * choro [ 編集 ]

No title

もう何年も前に録画したままなぜか放置していたこの映画。やっと観ました、派手さはどこにもないのにとっても心に迫ってくる映画でした。ところどころユーモラスなのもよかったです^^TBさせて下さいませ~(実は「こんな記事も~」から飛んできました・笑)
2008-07-15 * M [ 編集 ]

No title

★nzさん、どこの国でもやっぱり男の子はスポーツが主流ですよね。特に小さい時はダンスを習っている男の子ってほとんどいないような・・(笑)でもある時から才覚を表して一流に成長する子も多いのは女子と違ってすごいな~と思います。(音楽でもそうですが)
とても温かで素敵な映画でしたね~♪
2008-07-07 * choro [ 編集 ]

No title

これは、良かったですね。じわっと押し寄せてくるラストシーンの感動は、いまでも鮮明に覚えています。NZも男はラグビーみたいなところがあります…(^^;
2008-07-07 * NZ_RR [ 編集 ]

No title

★カルちゃん、ラスト、よかったですね~
年をとったお父さんとお兄ちゃん、そしてゲイの幼なじみの前で羽ばたいたビリーが眩しかったです。
温かくて素敵な作品でした。TBありがとうございます~♪
2008-07-05 * choro [ 編集 ]

No title

★つっぱり太郎さん、ホント、素敵な映画でした。遅れ馳せながら観れてよかったです♪
2008-07-05 * choro [ 編集 ]

No title

久しぶりに見ましたが新たな感動がありました。
名作(多分)言われるものにはすごい力がありますね。
そしてこの映画のハイライトはラストシーン。
あの後姿見ただけで涙が止まらなくなってしまいます。
TBさせてください。
2008-07-04 * car*ou*he*ak [ 編集 ]

No title

これは素敵な映画でしたネ。公開時に観ただけですが、一応先日の放送を録画しておきましたので、そのうち久しぶりに観てみようかと思います。
2008-07-04 * つっぱり太郎 [ 編集 ]

No title

★Shinchanさん、この映画は誰が観ても気持ちよく観られる作品ですよね!子どもの成長を見守る父親がとても素敵でした。子どももあんなお父さんがいたら幸せですよね。確かに親として見習わなければと思ってしまいます。^^;
2008-07-04 * choro [ 編集 ]

No title

★andanteさん、T・レックスの音楽もよかったですね~♪
記事のTBもありがとうございました。生のアダム・クーパーは素敵だったでしょうね。私もこの映画を早くに観ておけば渋谷まで足を運んだのに惜しかったです。^^;
2008-07-04 * choro [ 編集 ]

No title

★miskaさん、自由なようでいて、なかなか取りさる事ができない壁があるのは事実のようですね。
そそ、昔ロシアのバレエ学校の話を聴いた時も、子どもの体型とか遺伝的なことなどがまず第一関門みたいなことを言っていました。足の形とかもですよね。確かに世界に通ずる一流ダンサーになるには、努力だけでは補えないものも大きいのでしょうね~
ラストの「白鳥~」はもう少したくさん観たかったです♪(^^)
2008-07-04 * choro [ 編集 ]

No title

3・4日前でしたか???深夜だったんですが、一杯やりながら見てました。はじめから見る予定でいたし、夜中なので集中して見ることが出来ました。テレビで見るとがっかりすることが多いんですが、この夜はとっても気持ちよく見ました。あんな親父になれたら幸せなんですが…(^^♪。
2008-07-04 * shin [ 編集 ]

No title

この映画大好きです。音楽もT・レックスでノリノリなんですよね。
多分、最後はコヴェントガーデンにある「ロイヤル・オペラハウス」だと思います。
早速TB、昔のパンフ探してみます。
アダム・クーパーの日本公演も観にいったんですよ、
この映画のお陰で。
2008-07-03 * アンダンテ [ 編集 ]

No title

これはいい映画ですね。子供のためにお父さんが主義を曲げるところとか、先生とか。
イギリスはいまだ階級社会ですから、そう云うのがない国よりは
実は自由に生きにくい国なのかもしれませんね。
そうそう、バレエは資質が大事みたいですね。バレエの先進国では
子供の時の体型や骨格で既に優劣が決まっちゃうみたいですね。
最後の「白鳥の湖」のアダム・クーパーもなかなか映画としても
効いていましたね。
2008-07-03 * miskatonic_mgs_b [ 編集 ]