FC2ブログ

choroねえさんの「シネマノート」

映画と観劇感想中心のメモブログです♪

TOP > 本(映画関連)

コミックレンタルで『大奥』と『テルマエ・ロマエ』

コミックレンタルで『大奥』と『テルマエ・ロマエ』

 映画の感想もたまっているのですが、なかなかまとめる時間がとれず、とりあえず先にこちらの話を。(^^)20歳代くらいまではコミックも好きでよく買って読んだものですが、子育てが始まってからはめっきりマンガ本を読む機会も減り、子どもたちもたまにしか読まないので、我が家には大昔のコミックはたくさんあるものの(「ベルばら」とか「エースをねらえ」とか、もっと古いところで小学校低学年の頃に買った「マキの口笛」...

... 続きを読む

No title * by choro
★hideさん、わかります。私も若い頃は手元に置いておきたくて結構買ってました。^^;
レンタルは一応読んでみてリピートして読みたいものだけ買うというためし読みにもいいかな~と思います。便利になりましたね~

No title * by choro
★odenさん、お久しぶりです~♪
お知らせありがとうございます。続編があることは聴いていたのですが、早速公式サイトを覗いてきました!
堺さんが主演とは嬉しいですね~有功は好きなキャラなのでとっても楽しみです♪
「テルマエ」の予告爆笑ですよね。コミックもかなり笑えましたよ~
どんな風に映画は脚色されているのか楽しみです!

No title * by choro
★れじみさん、若い方はやはり買う派の方が多いと思います。
トシとるとモノが増えるのもあってすぐに読めてしまうコミックまでなかなか手がまわりません。^^;
やはりいろいろなお店がレンタルをしているんですね。
コミックは出版される量も半端ないので、需要は多そうですね~

No title * by choro
★Mさん、はい、4巻まで出ているようです。
ちょっと1,2巻とは展開が変わってきましたが、面白いですよね。
ローマに出張ですか、お仕事とは言えうらやましい~(笑)
私もこのマンガを読みながら、大昔に行ったカラカラ浴場後などを思い出しました。(^^)

No title * by choro
★ちいずさん、平たい顔族、最高ですよね。(笑)
日本のお風呂のよさを再認識させてくれます。
「宇宙兄弟」もレンタル店にズラ~~と並んでいて気になってます。
とにかく便利で助かりますね。

No title * by choro
★miskaさん、大奥はこのあとも楽しみですね。ようやく吉宗のところに戻ってきたので、次はどのようになっていくのか気になります。
「テルマエ~」映画はいろいろと脚色がありそうですが、コメディとして気楽に観れそうですよね。^^;

No title * by choro
★cinema365さん、なるほど、コミック慣れしていないので私はよくわかりませんが、絵としてはそうなのかも。
でも、コミックって発想が面白いですね。だからドラマや映画の原作によく使われるのでしょうけど。

No title * by choro
★もくれんさん、「テルマエ~」面白かったですよ~なんと70代後半の母まで読みました(笑)。
レンタルコミックはありがたいですね。読んで面白ければ買えばいいし、どんな作品かちょっと試し読みしたいときも助かります。(^^)

No title * by hide813
レンタルコミックってあんまり利用した事ないですね。新刊が出たらすぐ買ってしまったり、やっぱりコレクション癖があるので(笑)

No title * by ode*_h*hu
おひさしぶりです(^^)
「大奥」は、私もレンタルコミックで一気読みです。この秋に、ドラマと映画の2本仕立てで続編ありますよ。どちらも堺雅人が主演(有功・右衛門佐の二役)なので楽しみです♪
「テルマエ・ロマエ」は予告で大爆笑したので、原作も読んでみたいですね~。

本『映画は予告篇が面白い』池ノ辺 直子/ 著

本『映画は予告篇が面白い』池ノ辺 直子/ 著

映画の予告篇に関することはTVの番組で何度か観た事がありましたが、本で読むのは初めてで、今から8年近く前に書かれた本なのに面白く読むことができました。映画を一本作るには、当然のことながら本編に携わったキャスト、スタッフ以外にも本当にたくさんの人が関わっているんですね~『予告篇を支える職人達』という項目で映像、音楽、効果、音声、編集などそれぞれの担当の仕事が紹介されているのも興味深かったです。おそらく...

... 続きを読む

No title * by choro
★あくびままさん、いや~予告はかなり重要な興行成績へのポイントになるのではないでしょうか。もちろん今はネット社会なので、まずは評判でしょうけど。。(^^ゞ
やっぱり面白そう~って思う予告だと観客は劇場に足を運びたくなりますよね~

No title * by choro
★andanteさん、予告があまりに上手くできていると、期待し過ぎてがっかり・・なんてこともありますよね。^^;
そうそう、それって予告篇を作る人が優秀ってことですね!(笑)

No title * by choro
★恋わん、そうそう、本当にそうですよね。予告を観て「これも絶対に観るぞ~」って思っちゃいます。(笑)
映画って公開までに本当にいろいろな人の手が加えられてるんですね~(^^)

No title * by choro
★L&PBoxerさん、予告編って面白いですよね。私も次はどんな予告が観られるかとても楽しみです♪
あれもこれも面白そう~って思えるのはやはり予告編を作る人が上手いんですね~(笑)

No title * by choro
★Acoさんもキャメロンを思い出されたんですね。わたし、すっかり忘れてました。^^;
でも本編に書かれてましたけど、映画が好きなだけではダメで、いろいろなジャンルのものに触れて感性が磨かれていることが必要だとか。なるほどな~って思いました。(^^ゞ

No title * by choro
★恋愛映画さん、こういうバックステージものは面白いですよね。
私たちは完成された作品しか観ていないけれど、どのように作られるのかって興味ありますもの。
キャメロン、そうでしたね~皆様に言われて思い出しました。(^^ゞ

No title * by あくびまま
『ホリデイ』のキャメロンを思い出しますね~♪劇場では予告編を観るのも楽しみのひとつですものね~♪予告編って、観客にどれくらい興味をそそらせるか、興行成績にも繋がるとっても重要なものなのでしょうね♪

No title * by アンダンテ
予告編はとっても面白かったのに~、ってありますね。本編に比例しているなら、つまらない映画はつまらない予告になっちゃって、お客は来ない・・・。予告は面白かったのに、ということは予告編編集者の腕が良かった!ということなんですね。「本編がっくり!」は褒め言葉なんですね(笑)

No title * by 恋
面白そうです♪
劇場に足を運んで、予告編で次も絶対観るぞと心に誓う・・・そんな作品が幾度私を再び劇場へ誘ったことでしょうw
こういうお仕事も確かにあるのですね。大変だとも思いますけど、これもまた映画を愛する人たちの手によるものだと思うと、いとおしく感じます ^^

No title * by Golgo15
劇場に行く時は予告編も楽しみにしています(^O^)/♪
で、確かに面白そうだと観に行っちゃうかも^^
私が良く騙されるのは予告編よりキャッチコピーです(笑)

映画関連本2冊

映画関連本2冊

私の家からは図書館が遠いので、残念ながらそちらを利用する事は少ないのですが、3ヶ月ほど前に最寄駅前にかなり大きなBook-●ffができてとても重宝しています。(^^ゞほとんど毎日のようにその前を通るたびについつい寄ってしまって、掘り出し物を物色!(笑)そんな中、先日面白そうな映画関連本をみつけたので買ってしまいました。こういう本って定価は高価なのでなかなか買ってまでは・・・と思うのですが、古本価格だと「これ...

... 続きを読む

No title * by choro
★カルちゃん、この2冊は割と万人向けと言う感じでした。キシュロフスキーはヨーロッパ映画に詳しい方には人気のようですね。私は観た事がないので気になります。(^^ゞ

No title * by car*ou*he*ak
私はかなり偏っている知識なので、こういうの読んで直さないと。。横レス。キシュロフスキー大好き。私も本読みたいです。

No title * by choro
★ハーハニさん、そうそう、1位と3位の方の共演ね。ちょっと嬉しくなりました!(笑)キェシロフスキ監督のことはこの2冊には出てないかな~監督の章にはなかったです。この監督の作品、私は未見なので一度観たいと思っています。

No title * by choro
★あくびままさん、ですよね~もう絶版になってあまりみかけない本とかがポっと置いてあると嬉しくなります。だからチェックをやめられない!(笑)しかしゲ○って安いんですね。うちの方にはないから残念だな~(T_T)

No title * by choro
★kinoさん、そうそう著者と趣味が合わないと面白くないですよね。(笑)探すといろいろ出てますよね~「High School U.S.A」って知りません。kinoさんはお好みだったんですね。今度探して見ようっと。(^^)

No title * by ハーハニ/shinya shimada
イケメンベストテンの1位と3位の共演作が今年公開ですね(笑)Choroさんのブログは映画だけでなく本の紹介されていて、とても参考させて頂いております。私が心酔している「クシシュトフ・キェシロフスキ」のことってどちらかの本に載ってますかね?

No title * by あくびまま
うんうん!マイナー!?な本って意外と、ブック○フや古本屋で見つかるんですよねー!うちの近くのゲ○の古本コーナーは他店の3分の1の価格で大助かりです!他店で1500円が500円で手に入っちゃいます!

No title * by キノ
私も映画本、好きでついつい買っちゃうのですが、著者さんとシュミが合わないと(本格的クラシック映画の評論とか・・・)面白くなくて途中でストップしちゃいます。Book-○ffに売り払ったのもあるわー(笑)今は、長谷川町蔵さんと山崎まどかさんの”High School U.S.A”読んでます。私もスキな映画ばっかり!!

No title * by choro
★マリーさん、古本は大体半額が目安ですが、古くなったり痛みがあると105円になっちゃいます(ブック○フはね)この本は新品同様だったので半額よりほんの少し高いくらいだったかな。「暗いところで待ち合わせ」って知らないです~面白いんですね!いつになるかわからないけどリストに入れておきます。(笑)

No title * by choro
★naonaoさん、面白い本でしたよ。パイレーツⅢ、今までと雰囲気違いますよね~キーラもウィルもかっこいい~~!

本『映画のなかのアメリカ 』藤原帰一/著

本『映画のなかのアメリカ 』藤原帰一/著

出版社名: 朝日新聞社  朝日選書 795発行年月: 2006年03月 サイズ: 213P 19cm 価格: 1,155円(税込) 【本の内容】 「普通の人がどう考えて生きているのかをつかまえない政治分析は、狭く、痩せてしまう」と考える、現代日本有数の国際政治学者は、映画を論じることによって、アメリカ社会・アメリカ政治の実態に迫ろうとする。たしかに、「映画を手がかりとして、『政治家の世界』よりも視野を広げ、その社会...

... 続きを読む

No title * by choro
★mypinkさん、いえいえしっかり寝てますよ~(笑)やっぱり家事さぼってます!(キッパリ)あと、こちらだと外出の移動手段はほとんど電車なので本はその車中が一番読めるかな~車を運転される方だとそれはできないですよね。一人で映画を観に行く事が多いのでその待ち時間とか・・(^^ゞ私も途中で止まっている本はいっぱいありますよ~本って相性みたいのがあって、読めるのは一気に行けるけどダメなものは何日かけてもよめないんですよね~^^;

No title * by myp*nk*5jp
choroさん~~こんにちは~~すごーい!!いつも思うのですが~あんなに映画観て、DVD観て、本読んで、ブログ書いて・・・そしてお仕事・・家事・・?choroさんて寝てない???(笑) なんだか話がそれてごめんなさい~私なんて読んでる途中のままもう3ヶ月は経ってるもので・・choroさんに聞いて購入した「コーランを知っていますか」なんてまだ1ページも読んでないのです~ あ~~時間の使い方が下手くそ!!

No title * by choro
★FUMMYさん、難しいですよね~私も理解できていない箇所だらけです。^^; もう一度じっくりと中に紹介されている映画でも観ながら読まないとちょっとわからないですよね、これは。まずは流して読んでみて概略だけでも掴むというのでもいいかも~(笑)

No title * by Fummy
私もたまたま本屋で見つけて買っちゃいました。確かに政治的な背景を言及している部分が多くて難しい内容ですね。なので後回し状態です。(笑)次あたりに読んでみま~す。

ちょっと変わった形の映画にちなんだエッセイ本『あなたはオバサンと呼ばれている』by内館牧子

ちょっと変わった形の映画にちなんだエッセイ本『あなたはオバサンと呼ばれている』by内館牧子

書名:「あなたはオバサンと呼ばれてる」著者 : 内館牧子発行年月 : 2004年07月 講談社文庫  価格: 420円(税込)   【本の内容】 愛らしさはあるが、洗練されていない女。男に「二者択一」をストレートに迫る女。帽子・スカーフを下手に多用する女…。世界や日本の名作映画36編の中から「こんなオバサン」にならない方法を徹底分析。スクリーンの中では魅力的な女性が躍動する。あなた、年齢や体型だけであきらめて...

... 続きを読む

No title * by choro
★Naomiさん、観たくなりますよね~マニャックな作品が多いのでなかなか機会が持てませんが、ゆっくりと観てみたいと思います。TBありがとうね~♪

No title * by Naomi
遅くなりましたが、やっと読みました~。書いてある映画、全部観たくなりますね。TBさせてもらいますね~。

No title * by choro
★rereさん、こういう書名だとつい中身が気になってめくっちゃいます~^^;結局前向きに活気のある生活をすることが一番なんでしょうね~(^^)

No title * by re_re
「あなたはオバサンと呼ばれてる」って、かなり興味をそそられる題名ですね!私も読んでみたいです(^o^)。上にあげられてる映画、2つしか見たことありませんでした。見た時、「オバサン防止法」だと思って見てないので、もう1度見たくなりました(笑)。

No title * by choro
★ぽえこさん、そうなの、これはいろいろな関連付けのされ方が書かれているのでそれが又面白いんですよね。しかし本文にも書きましたがプロのライターってさすがですよね~(^O^)年末忙しいのにやりたいことも多くて困ります。ふぅ・・(^^ゞ

No title * by poeko
こんにちは!おばさんなんですごく興味もちました。(あれ、自分をおばさんとみとめちゃうのもこの本の主旨に反するのかしら?)さすがの内館先生、切り口がいいですね。上の映画、知らないのも多いけどたしかに?な関連づけがちらほら。逆説として用いられているのかしら。【僕の美しい人だから】はなるほど、ですね。ああ、映画見たいしこの本も読みたい!時間がない年末ですね。。。

No title * by choro
★GENIEさん、このエッセイに関しては映画のイメージとその章の副題とは直接結びつかない感じがするものもあるかもしれません。映画の中のあるセリフを題材にそこから話を膨らませたり、内館さんならではの視点で書かれているので・・。クリスティンの鎖骨の話は女性から見てもとにかくほどよくて魅力的!とありました~(^^)

No title * by サミー
この中で7本観ていますが、多少コピーに違和感のあるものもあり、「なるほど」と思うものもあり・・・「サンセット大通り」などはすごい名作ですが、あれで「歳相応の女の魅力を出せるようになる・・」はちょっと(^^;)。「イングリッシュ・ペイシェント」もクリスティンの鎖骨が男からするとたまらなくいいのですよ(^^;)

No title * by choro
★Naomiさん、私もほとんど観ていない映画だったのですが、エッセイの内容を読むとどれも観たくなっちゃうんですよ。下手な映画評よりよっぽど面白かったです。邦画の中には「団地妻 昼下がりの情事」なんてのまであるのですが、内館さんいわく「借りるの恥ずかしくても女性こそ見るべき名作」だそうでこれまで観たくなるようなエッセイでした。(笑)

No title * by choro
★miskaさん、どの章も面白かったですよ~おっしゃる「サンセット大通り」のエッセイなど頷きながら読んでしまいました。(笑)さすがに作家の人ってよく観察してますよね~おじさんもやっぱりトシは気になるのでは?男性の方が外見的に個人差激しそうだし・・・^^;;

「映画とたべもの」渡辺祥子 著

「映画とたべもの」渡辺祥子 著

【本の内容 】忘れられない食事。懐かしい食卓。時にはちょっとドッキリする食べ物。87作品、見たくなる、食べたくなる、食味シネマ評。 映画評論家の渡辺祥子さんが書かれたちょっと面白い視点から見た映画解説です。渡辺さんってよくNHKBSなどに出てみえますが、私などと同年代かとお見受けしますし、話し方とかやわらかで好きなんですよね~(^^)  実はこの本、出版されてすぐに買ったのに、興味のある作品から読んでいるの...

... 続きを読む

No title * by choro
★ぽえこさん、この本を読んでから映画を見ていて食事やお茶のシーンが気になるようになっちゃいました。(笑)ギリシャ映画、いいですね~観たいわ~特にその食事シーンが・・(^^ゞ

No title * by poeko
最近みた【タッチオブスパイス】というギリシャ映画では、これまたおいしそうなあちらの料理が満載でしたよ。スパイス使いが料理の決め手で、人生にもスパイスきかせどころがたくさん。。という映画でした。

No title * by choro
★ERUMAさん、女性は特に食べる事に関しては敏感ですよね!(笑)映画の中で世界のグルメに出会えるのは嬉しいです♪

No title * by eru*a81*
渡辺祥子さん、私も好きです。観た作品の中でも、食事シーンが浮かぶものもあれば、そんなのあったっけ?というのもあるけれど、おっしゃるとおりどんな取り上げ方をされているのか想像するだけで楽しいですね。ぜひ、読んでみたいです(^^)

No title * by choro
★kuuさん、スクリーンで観ていると本当に美味しそうなものがたくさん出てきますよね。パンフにレシピが載っているのもあるくらいだもの・・私も実は作るより食べるほうが好きな人です・・(^^ゞ

No title * by kuu
おもしろいですね~。映画の中の食べ物をすぐに食べたくなってしまう私には、これは、身体に毒というか、精神衛生上すごく悪そうな本でもありますねぇ(^^;。読んだり見たりしたものが、すぐに食卓に並ぶような未来に早くならないかな~~(^^)

No title * by choro
★kinoさん、先程から私もレスしているのですが、時々コメントが飛んじゃって???状態です。全くyahooは困ったもんだわ!^^; さて、TBありがとうございます♪やっぱり読んでらしたんですね。日本とは違う文化の違う食卓って何だか憧れちゃいますよね~(笑)

No title * by キノ
ええー コメントが入ってない(泣)すみません、TBだけして・・・。私もこの本持ってます!楽しく読みました。映画に出てくる食べ物はいつも美味しそうです!

No title * by choro
★えむさん、えむさんの書かれている映画も観てないわ~(涙)お耽美映画なんですか~?(笑)えむさんお薦めとあらば、こちらも気になりますね~(^^)

No title * by choro
★ぽえこさん、「バペットの晩餐会」って観てないわ~美味しそうなシーンが満載なのかな~?気になります。(^^ゞ

「おすぎです。映画を観ない女はバカになる!」(杉浦孝昭)

「おすぎです。映画を観ない女はバカになる!」(杉浦孝昭)

先日に引き続き映画関連本をもう一冊。この本の方が「ハリウッド個性派37人」より前に出ていて読んだのですが、(昨年の暮くらいだったかなぁ)これが又面白い本でした!(^O^)あのおすぎが好き勝手に自分の切り口で書いているのですが、実に笑える!(もちろんおすぎが嫌いな方はダメだと思いますが)雑誌「JUNON」に連載されていたものをまとめたものだそうだけど、まず目次が可笑しいです。まぁ普通に【恋愛】【ほのぼの】【号泣...

... 続きを読む

No title * by choro
Hokarryさん、確か「レジェンド・オブ・メキシコ」の時だったと思うんだけど、おすぎが酷評したらしいのをジョニーファン友が聴いて怒っていたのを思い出しました!(笑)やっぱり最近は甘くなったんですか~?

No title * by Hokarry
昔、おすぎが辛口だった頃のオススメは信頼度が高かった。

No title * by choro
yukiさん、おすぎの好みって大体わかるし、すごく自分の好みだとべた褒めするので、つい観たくなっちゃったりしますよね。あの語り口に上手く乗せられちゃって・・(笑)

No title * by yuki
面白そうな本ですね。おすぎさんが勧める映画は何気に私も好きなんです。

No title * by choro
ぽえこさん、では映画好きな私たちは「バカではない」かな?(爆)細かいところはご紹介できませんでしたが、とても読んでいて楽しい本でした。(^^)

No title * by choro
GENIEさん、トムのファンでらしたんですね!彼のサービス精神は本当にプロだなぁ、と思います。私も嫌いではないですよ。(^^)後ほど伺って記事読ませていただきますね~

No title * by poeko
303もの映画のレビューとはすごいですね。DVD選ぶときの参考になりそうです。【男を愛でる】という切り口はおすぎらしくてイイかも。この本のタイトルも編集者が考えたんでしょうけど、なかなか挑発的で扇情的でいいですね。バカにはなりたくないもん。。。読んでみたくなりました♪

No title * by サミー
おすぎって、基本的には映画「ホメホメ」ですよね、まぁPR係みたいな物だけど(笑)。面白そうな本ですね。そうそう、おづぎも誉める(笑)「私のお気に入り男優NO.2(現役では1位かな)今日はトムの誕生日なので思う存分書かせて戴きました。両極のジョニーにはまた少し辛口書いたかも(^^;)。でも「いい悪い」ではないので誤解のないよう。ただどうもトムを誤解している人が多いようなのでその点はキッチリとさせていただきました(爆)

「ハリウッドの個性派37人(カルト・アクターズ・ファイル)」おかむら良

「ハリウッドの個性派37人(カルト・アクターズ・ファイル)」おかむら良

映画関連本もいろいろと面白いものが沢山出ていて、好きな評論家のものとかは、ついつい読みたくなるのですが、この本はこの春出版されてすぐの時、偶然書店で見かけました。 当然のごとく、こういう題名の本の場合「ジョニーは載ってるかな~」と思いまずは目次を見るのですが、^^; ハイ!ありました!(笑)とても値段の張る本だったので(1800円)はじめは立ち読みで済まそうかな~、と思ったのですが、他の書かれている俳優...

... 続きを読む

No title * by choro
acoさん、実際に手にとって中身をご覧になると内容の濃さ(?)がよくわかると思います。アハハ、私まるで近代映画社の回し者のようだわ~^^;

No title * by choro
yukiさん、英国系俳優よいですよね~yukiさんはヨアン・グリフィズがお好きでしたよね?私もヨアンのホーンブロワーのファンです。(^^)

No title * by choro
zazzunohaneさん、書かれているメンバーが魅力的ですよね~(^^)

No title * by acoccho
内容が気になります。ちょっと本屋まで偵察してきます・・。新しい発見ができそうな一冊ですね★

No title * by yuki
面白い本ですね。GENIEさんの『ハリウッドを脅かす英国系スターたち』というのも観てみたい~。実現しないかな。

No title * by -
素敵な本ですね☆これだけの人を一度に楽しめる本ってなかったような気がします。ぜひ買わねばです!

No title * by choro
KAZさん、女優版とかも誰か書いているのでしょうか?女優さんのって写真集とかになっちゃいそうですね。(^^)

No title * by Kaz.Log
女優版ってありません?^^

No title * by choro
ネット通販でも取り扱っているようですからすぐに見つかると思いますよ。(^^)雑誌は溜まるので困るのについつい買ってしまいます・・^^;

No title * by まんさん
これは面白そうですね!!どの章を見ても有名な俳優さんばかりですし! 探してみようかな~ロードショーも気になりますね!!