FC2ブログ

choroねえさんの「シネマノート」

映画と観劇感想中心のメモブログです♪

TOP > アート

【クマのプーさん展】 Bunkamura ザ・ミュージアム

【クマのプーさん展】 Bunkamura ザ・ミュージアム

 昨年公開された映画「プーと大人になった僕」は、題名通り大人が観て感動できる素敵な作品でしたが、映画に続き、A.A,ミルンの原作本にちなんだ展覧会が渋谷のBunkamuraで開かれると言うので、楽しみに行ってきました。今の若い人たち(うちの子どもたちも含めて)は、おそらくディズニーのアニメから入った人も多いかと思いますが、映画の感想にも書いたように、私世代は小学生の時に読んだ岩波文庫の本から入っているので...

... 続きを読む

2014年後半から2015年に観た展覧会から

2014年後半から2015年に観た展覧会から

コンサートのまとめに続いて、備忘録の意味で展覧会もまとめておかせていただきます。アートの書庫は13年の「ミュシャ展」から更新してませんでしたね~(^^;  こちらもそう多くはなく、また会場に偏りがありますが(笑)。。。2014年【進化するだまし絵】(Bunkamura ザ・ミュージアム 8/9-10/5)だまし絵って面白いですよね。よくぞこんなことを考えるな~とその発想に驚きますが観ていて楽しいですね。【夢見...

... 続きを読む

【ミュシャ展】 森アーツセンターギャラリー

【ミュシャ展】 森アーツセンターギャラリー

このところ、夜になると疲れてしまい、なかなかPCに向う事ができず、更新もサボってしまいすみません。家で観た映画の感想なども溜まっているのですが、なかなか記事にできないうちに忘れてしまいそう・・・(^O^;さて、1週間ほど前になりますが、3月から開催されている【ミュシャ展】にようやく行くことができました。って映画を観た後、続けて鑑賞したのですが。^^;ミュシャの絵は綺麗ですよね。お菓子の缶などにありそうなク...

... 続きを読む

No title * by choro
★Mさん、そうでした。カルちゃん、お好きでしたよね。
ミュシャは女性とお花の絵が有名ですが、その人生の背景などを知ると、また見方が変わりますね。そういった意味でも美術展はいいですよね。
この連休、六本木に映画を観に行きましたが、この展覧会も凄く混んでいたようでした。やはり人気ですね。

No title * by M
いらしたんですね。
私はこれまであまり接点がなく、Cartoucheさんがお好きだったなぁと思っていたところでした。
先日TVで特番を観ましたが、アールヌーヴォーのアーティストとは違う激動の社会に生きたチェコ人としての素顔を知り興味深かったです。

No title * by choro
★しずかさん、ミュシャのファンでらっしゃるんですね。
私はそれほど詳しくはなかったのですが、この美術展に行った後で、実家の母が30年くらい前に行った(新宿伊勢丹ギャラリーでの)ミュシャ展ではかなりの数が出ていたと連絡くれました。カタログを見せてもらったら今回のもほとんど来ていたみたいです。
おっしゃるようにデザインを勉強している人には特に人気のようで、今回も若い人が一人でずいぶん見に来てました。
チェコへの想いは晩年の作品で本当によく伝わってきました。

No title * by choro
★ちゃーりーさん、その強めのスーパーリアリズム風の絵もありました。
リトグラフしか知らなかったので、凄く驚きましたが、本来ミュシャが描きたかったのはそちらなのかもしれませんね。

No title * by 風森湛
ミュシャ、大大大好きなんですが、おらが村にも近隣にも来てくれないんですよ~。
「日曜美術館」を録画してかじりつきで見まして、巡回もチャックしましたけど(号泣!)

少し前の少女漫画家さんなどは、まんまコピーした様なアングルや
コスチュームが有りました。
イラストレーターには多大な影響を与えてますね。

伝記やTVの美術番組で 故国チェコへの想いを描いた作品を知り、
広告でない そういった作品も直に観たかったんですが・・・(さめざめ)。

No title * by ちゃーりー・わかめ
ミュシャの作品は
イラスト風のものよりも、ちょっと怖めのスーパーリアリズム風の
作品の方が私は好みですね^^

No title * by choro
★柴多さん、そうなんですよ~私も知らなかったのですが、ホント、言われてみるとなるほど~って思いますよね。
当日も他の美術展に比べてぐんと若い人が多かったです。デザインの勉強をしているような人は特に興味深いでしょうね。
でも、この世界を作り出したのは凄いですね。

No title * by 柴多知彦
へ~、ミュシャが商業デザインの人でもあったなんて知りませんでした。言われて見るとなるほどなと納得ですね。
今でもファンタジー小説の挿絵などはミュシャの影響が色濃く感じられます。ファンタジー系のマンガを描いてる若い世代などには一番身近な「巨匠」なのかもしれませんね。

【巨匠たちの英国水彩画展】Bunkamura ザ・ミュージアム

【巨匠たちの英国水彩画展】Bunkamura ザ・ミュージアム

映画の感想も溜まっておりますが、ちょっと一息ということで久々に美術展の感想です。(^^ゞ10月半ばから公開されておりましたが、1ヶ月くらい前に予定していた日に急用が入り、今週末で終わってしまうので大急ぎで閉幕10日前に観てまいりました。間に合ってよかったです。水彩画だけの美術展は初めて!淡い色調の水彩画も好きですが、油彩に比べると地味目なのかな~と思っていたら・・とんでもない!!!本当に素晴らしくて感...

... 続きを読む

【レーピン展】Bunkamura ザ・ミュージアム

【レーピン展】Bunkamura ザ・ミュージアム

 この夏は芸術の秋より一足早くちょっとアートづいておりますが(笑)、渋谷東急Bunkamuraのザ・ミュージアムで開催されている【レーピン展】にも行ってまいりました。モスクワの国立トレチャコフ美術館からの出品です。ロシアの画家レーピンって実は初めて聞く名前でしたが、チラシの裏にあった作曲家ムソルグスキーの肖像画を見て、俄然興味がわいた次第です。^^; このムソルグスキーは教科書、音楽書などでお馴染みです...

... 続きを読む

No title * by choro
★ぴゃめろんさん、ロシアは音楽も舞台芸術も優れているし、美術もきっとよい作品がたくさんあるのでしょうが、あまり馴染みはないですよね。^^;
やはり暗いイメージなので、ヨーロッパのような華を感じられないから人気がないのかしら。
「皇女ソフィア」の絵は、暫く見入ってしまいました。なぜこんな形相に描いたのかとか、この背景を知りたくなります。歴史に詳しければもっと面白く観れるのにな~と思うと残念でした。^^;

No title * by choro
★miskaさん、本は立ち読みしたので^^;手元にないのですが、やっぱり面白いんですね。今度探してみます。
この美術展はとても面白かったです。ロシア史も勉強になっちゃいますね。
私はお昼頃に行ったのですが、先週までは意外と空いていたようですよ。うちの方では週末、新聞にまでチラシが入ってきて驚きました。^^;
点数もあったし、見応えのある美術展でした。(^o^)

No title * by ぴゃめろん♪
そういえばロシアの画家って聞くと、ぱっとあまり出てきませんね~。
どうしてもヨーロッパとかそっちの方ばかり思い浮かんじゃう私は
芸術には向いてないのでしょうか?(笑)

それにしても“皇女ソフィア”は迫力がスゴイですね!
実際に間近で観ると、さらに凄いんだろうなぁ~☆ ナイス!凸

No title * by miskatonic_mgs_b
[皇女ソフィア」怖いですよね(^_^;。
そそ「怖い絵」にもありましたね。あの本も読みやすいので、読み物としては面白いですね。
レーピン展はちょっと行ってみたいですね。
やはり朝とかがいいのでしょうか?
ロシアの絵画ってなかなか見る機会ないですよね。

No title * by choro
★鉄平ちゃんさん、この美術展は観られてよかったです!
そんなに貴重なものだったんですね。
全く名前は知らない画家でしたが、今回、ロシアのその時代や当時の文化人たちの交流なども少しわかり、一度でレーピンの名は覚えました!(笑)
知名度が低いので集客が悪いのはもったいないですね。うちの方では今日新聞にもチラシが織り込まれてきたんですよ~^^;
ムソルグスキーの肖像画が生で観られたのはやはり嬉しかったです。
TBありがとうございました♪

No title * by 鉄平ちゃん
日本で初となるレーピンの大規模な回顧展。
代表作「ボルガの舟ひき」こそなかったものの、
主要作品がほとんどやってきた空前絶後の展覧会でした。
しかし、知名度の低さから集客はイマイチ...。
ムソルグスキーの肖像画なんてあんなに有名なのに日本初来日で、
しかもこの機会を逃したらいつ日本で見られるかわからないのですけどね。
ともあれ、これはぜひ見てほしい展覧会です。

No title * by choro
★Mさん、うふふ、このミュージアムは近いのと、今回招待券もあったので軽い足取りで観てまいりました。^^;
でも、重厚でいかにもロシアらしい作品は観てよかったです。
このソフィアの絵は本当に怖いです。(笑)凄い顔なんだもの。
ロマノフ朝も勉強し始めると奥が深くて面白そうですね。
いつか私ももう少し詳しく学びたいです。(^^ゞ
トルストイの肖像画は映画のクリストファー・プラマーと似てました~(笑)
いろいろと関連付けられるのも楽しいですよね!

No title * by M
おー、さすが、Choroさん、こちらもお出かけでしたか^^
皇女ソフィアのなんだかおどろおどろしい雰囲気に目を奪われてこの展覧会の存在を知った私でした。最近ロマノフ朝のロシアに興味が湧いているのもちょっとあり…
トルストイの肖像画もあったんですねー、おっしゃる通り時代背景を知っているとより深く鑑賞できるのだろうと私も思いますが、ここで出会った絵画がきっかけになって世界が広がっていくというのもありますよね^^

【ベルリン国立美術館展】&【国立西洋美術館常設展】

【ベルリン国立美術館展】&【国立西洋美術館常設展】

    8月後半は本当に猛暑続きで、いささかグロッキー気味でしたが、9月に入ると駆け込みの方が増えると予想して(笑)、8月末日にブロ友のひかりさんと上野の西洋美術館に行ってまいりました。先日東京都美術館の【マウリッツハイス美術館展】に行った時に横目で観ながら通り過ぎた西洋美術館ですが、ここって駅前なのになぜか私は入ったことがなかったかも。。。^^; 東京都美術館の方には何度も足を運ん...

... 続きを読む

No title * by choro
★りーめいさん、そうですね~やはり早い目の方が空いているのかもしれませんね。閉会間際はどの展覧会も混みますものね。^^;
西洋美術館はさすがですね。ロダンの考える人は外でも観れるけれど、他の作品もたくさん揃っていて素晴らしいですよね!
TBありがとうございました♪

No title * by りーめい
choroさんが行かれた時は「真珠の首飾りの少女」はそんなに人が多くなかったんですね。私が行ったのはやはり公開終了間近だからかものすごい人でした(>o<)私も国立西洋美術館の方は初めて行ったんですが、外の彫刻も見ごたえありますよね。今度は常設展も堪能して見たいと思います。TBさせてくださいね。

No title * by choro
★miskaさん、マニエリスムの名前だけはさすがに覚えたのと、特徴の一つが何だか細長い人物描写ということだけ覚えております。(^O^;
ロダンの彫刻はさすがに素晴らしいですね。本当に綺麗です!
ベルリン所蔵の彫刻は宗教関係が多いのですが、教会に飾られてあるようなものも多く、なかなか日本では珍しいのでは?と思えるものばかりでした。レリーフなどもカメオのブローチを思い出すような私なので(笑)ちょっと興味深く観てしまいました。
常設展は空いてましたよ。ゆったり観れるし、いつでも行けるかと思うと嬉しくなりました!(^^)

No title * by choro
★鉄平ちゃんさん、はい、ご一緒して行ってきました!(笑)
確かに周りの描写が素晴らしかったですね~中国の壷には見入ってしまいました。(^^ゞ
レーピンって全く知らない画家さんだったのですが^^;、ムソログスキーの肖像画はよく知っているので、「お~~あの作者か!」と一躍興味がわきました!(笑)
ロシアの画家の展覧会なんてめずらしいので楽しみに観てきたいと思います♪
TBありがとうございました。

No title * by miskatonic_mgs_b
彫刻が多いんですか。かえってそれは見たいかも。
マニエリスムは確かにマイナーですね。専門でなければあまり取りざたされないことも多いですし。
常設展もよさそうですね。実はロダンの彫刻は美しくて好きなんですよ。
こちらはあまりこんでなったですか?
私も「レーピン展」気になっておりますw

No title * by 鉄平ちゃん
ひかりさんと一緒にベルリン国立美術館展にも行かれたのですね。
「真珠の首飾りの少女」は私も初めて見ましたが、
少女の描写よりも、小道具の描写に力が入っていてびっくりしました。

で、レーピン展もご覧になられるようですね。
こちらも素晴らしいですよ!
この夏は素晴らしい展覧会が集中し過ぎていますが、
レーピン展も見ないともったいない展覧会です。
クラシックファンなら誰でも知っているムソルグスキーの肖像画、
日本初来日で、この機会を逃したら次にいつ日本で見られるかわかりません。

No title * by choro
★ひかりさん、ホント、昨日は猛暑でしたが、美術館の中は涼しくて、快適に鑑賞できましたね。
モネがあんなにたくさんあるなんて感動でしたよね!
また他の常設展も少しずつ行ってみようかな。入場料も割安だし企画展とはまた違って落ち着いて観れていいですよね。
鑑賞会楽しみにしています♪
TBありがとうございました。

No title * by ひかり
暑かったけど行ったかいがありましたね。
私も行った事無かったのかもしれません(汗)
モネのお部屋には感動ものでした。
そそ彫刻の事か気忘れましたよ~
またぜひご一緒しましょうね。
9月にぜひ観賞会ってらぐなさんがおっしゃってました。
TBお願いします。

【マウリッツハイス美術館展】東京都美術館

【マウリッツハイス美術館展】東京都美術館

 映画「真珠の耳飾の少女」を観た時、まさか本物のフェルメールの原画が観られるとは思わなかったので、この機会は絶対に逃したくないと、久々に美術展の前売りを買って鑑賞を楽しみにしておりました。(^^)改装したばかりの上野の東京都美術館で開催中の【マウリッツハイス美術館展】ではその「真珠の耳飾の少女」が目玉となる絵画展となっていますが、17世紀オランダ・フランドルの名画の数々はどれも素晴らしく、目を奪われ...

... 続きを読む

No title * by choro
★やっくんさん、さすがにあと1週間となると混みますよね。
でも間に合われてよかったです。(^^)
やっぱり実物の感動は違いますね。今回鑑賞の機会に恵まれて本当によかったです!
TBありがとうございました♪

No title * by やっくん
やっぱり【真珠の耳飾りの少女】は素晴らしかったです♪
土曜朝の混雑は想像以上でしたが…観に行って良かった!
青いターバン、真珠の耳飾り、ぷっくりとしたクチビル♡
最前列に並んで、さらに後ろからも観たのは同じです(^^ゞ

No title * by choro
★Mさん、そんなに混んでいるんですか。やはり少し涼しくなったのと、あと10日というのが効いているのでしょうね。
美術展は絵を間近で観れないとストレスが溜まりますよね。入場制限してもそうなのだから、人気展は大変!(笑)
そそ、それでも実物の「真珠の耳飾~」は感動でしたね。特に映画を観ている人は感無量ですよね。(^^ゞ
TBありがとうございました♪

No title * by M
9月に入って行きましたが終りが見えてきてるせいかどの時間帯も混んでいるようです。なんだか人を観に行った感もなくはありませんが^^;、並んででも間近で『真珠の耳飾りの少女』を観ることができたのは感動でした^^やっぱり映画がよみがえってしまいました。
TBさせて下さいませ♪

No title * by choro
★ひかりさん、ですよね~私も実物を観て納得しちゃいました!複製画ではあまり感じなかったのですが。^^;
確かにちょっと暗かったですね。美術品って焼けとかがあるから暗くしないとダメなのかななんて思いましたが、どういう理由なのでしょう?
ベルリンとはしごされる方が多いみたいですね。しかし同時期開催とは凄いです。
TBありがとうございました♪

No title * by choro
★Mさん、なるほど、夕方になると高齢者の方が減るからというのはあるかも。^^;
あと、猛暑日もねらい目かななんて思っていますが、とにかく夏休み期間なのでいつも混みそうですよね。子どもたちも自由研究の材料にするのか結構来てましたよ~子供用の解説もあったし。
やっぱり朝イチはそれなりに観れるのではと思いますが、9時に上野というのも結構きついですよね。^^;
いらしたらまた感想お聴かせくださいませ。

No title * by choro
★紫桜さん、お~両方をはしごされましたか!そうしたくなりますよね。(笑)
私はたいていの場合、絵葉書とクリアファイル、それに気に入ったものがあれば栞を買うことが多いんですよ~
今回はA4ではなくA5サイズとチケットホルダーにしました。このチケットホルダーのデザインは気に入っています。(^^)
しかし見応えのあるいい美術展でしたね~♪
TBありがとうございました。

No title * by choro
★鉄平ちゃんさん、現地でもご覧になってらっしゃるとはうらやましい限りです。
マウリッツハイス美術館は建物を見るだけでも価値がありそうですね。やはり展示されている建物でも感じる印象が違いますよね。
今回の美術展はシロウトにもわかりやすい企画でとても楽しめました。いい絵ばかりでした~
光の白の点の話はTVの解説でも言ってましたが、本当に凄いですよね。あの点ひとつで印象が変わるんですから。
ガイドブック、とてもわかりやすくて読み応えもありよかったです。Takさんの編集だったんですね。(昔一度だけチラっとお会いしたことがあること話しましたっけ?(笑))
うちでは私と実家の母と2冊も買っちゃいましたよ~どうぞよろしくお伝えくださいませ。(笑)
TBありがとうございました♪

No title * by ひかり
そうなんですよ~唇でした(笑)スカヨハって言うのが納得ですよね。立ち止まれなかったし暗かったのが・・・もうちょっと明るい照明出来ないものなのかと思ってしまいました。
私もベルリンみたかったのですが時間がなくていけなかったので行く予定です♪TBお願いします。

No title * by M
夕方が割と空いているとHPで見ましたが朝イチがお薦めですか?
立ち止まってゆくっり観たいですね~。
チケットが手元にあるのでタイミングを見計らって出かけてきます===3

【フェルメールからのラブレター展】 Bunkamura ザ・ミュージアム

【フェルメールからのラブレター展】 Bunkamura ザ・ミュージアム

 久々の美術展です。フェルメールは映画「真珠の耳飾の少女」で映画ファンにもお馴染みですし、日本でも人気の画家ですが、全部で30数点しか残っていないとされていることから、一度に来日してくれる点数は限られますよね。2008年の7点同時に公開された東京都美術館での「フェルメール展」は行きそびれ、昨年Bunkamuraで開催された「オランダ・フランドル美術展」も行きそこない、なかなかフェルメールの作品に触れる...

... 続きを読む

No title * by choro
★シーラカンスさん、あまり広くて点数が多すぎると最後の方は疲れちゃったりするんですよね~^^;
それだけにここはちょうどいいかな~とお気に入りです。(^^)
フェルメールが人気なのはわかりますね。とても癒されます。
今年はあと数点来るそうですから(しかも「真珠の耳飾~」まで!)楽しみですね。
TBありがとうございました♪

No title * by シーラカンス
鉄平ちゃんさんのところから来ました♪ 自分は混んでいると思って、9時までやっている金曜日に行きました。そこそこ空いてました。ほんとこういう小さな美術館の方が、見やすくて、自分のペースで見れるからいいですね。自分も【手紙を読む青衣の女】がよかったです。濃淡がそんなにはっきりしていなくて青色がちょうどいい感じの色合いで、物語も見えたりして、はまりました。鉄平さん情報によると「真珠の耳飾りの少女」がやってくるそうで、また楽しみが増えました。TBさせてくださいね。

No title * by choro
★ひかりさん、やっぱり今回はフェルメールと他の画家の差がありすぎた感がありましたね~^^;
でも、手紙がテーマで面白かったです。
そそ、手紙の相手の男性は船で戦争に行っているというような解説がありましたね。だからバックに地図があるとか。。。
いろいろな意味が絵の中にあるのを知るとより楽しめますね。
TBありがとうございました♪

No title * by choro
★鉄平ちゃんさん、ありがとうございます♪

No title * by choro
★あくびままさん、たまには落ち着いて美術館というのもいいですよね。
せっかくのチャンスなので是非!

No title * by choro
★やっくんさんもフェルメールファンでらっしゃるんですね。
そそ、今年は「真珠の耳飾の少女」も来ますね~
2008年のを見そびれたのは本当に残念でした。
今年は後悔ないようにしないと・・(笑)
TBありがとうございました♪

No title * by choro
★れじみさん、そうですね。最近は映像もデジタル化したりして昔のものがかなり綺麗になっていますが、どの分野もそのような技術はすごいですよね~
たまには美術展もいいですよ。一人でじっくりと自分のペースでまわるのが最高です!(^^)

No title * by choro
★鉄平ちゃんさん、仙台までいらしたんですね!
やっぱり他の画家との差がかなりありましたよね~
素人の私でも感じたので・・・^^;
よりフェルメールの素晴らしさを認識した私でした。(笑)
でも日本にいながらにしてこのように生で観られるなんて幸せですね。
TBありがとうございます♪

No title * by choro
★紫桜さん、やはり本物はいいですね~
とても心が癒されました。(^^)
手紙がテーマというのもよかったです♪

No title * by ひかり
これは想像してたより~実はちょっと期待外れ気味な作品展だったかも~フェルメール以外の作品の画家さんも素晴らしかったようなのですがなにせ有名画家しか知らないので(汗)
手紙を書く女と召使が一番好きでした。
その後TBでフェルメールについての番組があったので絵の背景が色々説明されて面白かったのですが~この手紙は戦地からラブレター
とかだったようですね~
TBお願いします。

【ボストン美術館展】森アートセンターギャラリーin六本木

【ボストン美術館展】森アートセンターギャラリーin六本木

 六本木ヒルズの森タワー52階にあるこの美術館は、普段は現代美術の展覧会が多く、今回のような古典の絵画の展覧会は珍しいんですよね。よくTOHOシネマズ六本木にはお世話になっておりますが(笑)、美術館も何度か訪れた事はあるものの、普段は横目でその入り口を眺めながらスルーしてしまいます。^^;しかしこの「ボストン美術館展」はよく知られたヨーロッパの16世紀~20世紀の画家たちによる名画を集めたものなので、是非...

... 続きを読む

No title * by choro
★恋愛映画さん、もちろん画集もありましたよ~
展覧会の画集は解説も詳しく出ているしお買い得ですよね~
と言いつつ、今回はお財布事情で買えませんでしたが。。。^^;

No title * by choro
★ぴゃめろんさん、私も美術のことは詳しくはわからないのですが、まず色に惹かれます。なぜこんな微妙な色が出せるのかとか、この色は何を表しているのかとか、いろいろ考えますよね~
一日ゆったりと美術館ですごすのって凄い贅沢ですよね!

No title * by choro
★あくびままさん、六本木はいまや新国立美術館も出来たし、芸術の街でもありますね。
また機会がありましたら、プレミア以外の時にもいらしてみてくださいませ~(^^)

No title * by choro
★L&PBoxerさん、そうなんですよね~
美術展って詳しくなくても、感覚で伝わるものがあるのは、やはり芸術の力ですね。音楽と同じだと思います♪
確かに最近はシニア世代が増えたせいもあり、いつ行っても混んでますよね。それだけが悩みですね(笑)。

No title * by choro
★rejimiさん、絵画も本物は伝わってくるものが違うんですよね~
ピカソは昔はさっぱりわかりませんでしたが、最近になって面白くて凄い表現力の人だなぁと思うようになりました。^^;
ジブリ美術館も面白いそうですね。一度訪ねたいです♪

No title * by choro
★やっくんさん、GWは混みますよね~
やはり美術展でもこのような有名画家の作品展は特に人気ですね!
平日の夜ならゆっくりご覧になれたことでしょう。よかったですね♪
TBありがとうございました~♪

No title * by 恋愛映画
これは見に行きたい~(^^)
そうそうあそこは、広さが丁度いいですよね
マネもあるんですね~画集などもあったらいいなぁ

No title * by ぴゃめろん♪
美術館って色々と刺激をもらえるから楽しいですよね~☆
私も絵画観るの大好きです♪

たぶんこんな素晴らしい方達の作品展なら
朝から晩まで平気でいるかもしれません☆^^

No title * by あくびまま
これは贅沢ですね~!プレミアなどよっぽどの用事がなければ六本木へは行かないですが(笑)これは行く価値がありますね~!普段目にするポスターとは全く違って見えるのでしょうね♪

No title * by Golgo15
良いですね!
私もたまに美術館を訪れます^^
生で見るとなんか歴史を感じて感動します。
絵に詳しくないけど・・・
私はいつも「自分の部屋に飾るならコレかな」と考えながら楽しんでいます♪
ただ混んでいるんですよね(^^;) ゆっくり見れなくて(笑)

【愛のヴィクトリアン・ジュエリー展】で目の保養(笑)

【愛のヴィクトリアン・ジュエリー展】で目の保養(笑)

渋谷Bunkamuraのミュージアムで開催中の、ヴィクトリア女王の時代を中心とした英国王室にまつわる宝飾品展を観てまいりました。ここはル・シネマという映画館と同じ建物の中にあるのですが、そこで公開中の映画「ヴィクトリア女王世紀の愛」とのコラボ企画ですね。今日はやっと体調も回復してきたので、もう一つの上映作品「シャネル&ストラヴィンスキー」を観に行き、せっかくなのでこちらの展覧会にも足を運んでみました。宝石...

... 続きを読む

No title * by choro
★やっくるママさん、素敵な展覧会でしたよね。
あの細かな細工は芸術ですよね~見惚れてしまいました。(^^ゞ
映画の公開もあって、興味深く見れてよかったです。
TBありがとうございました~♪

No title * by やっくるママ
私も、肖像画を見ながら、映画の配役はイメージ通りだったのだなぁ~と思いました。
単なる宝石というよりも、繊細な細工で、文化を感じさせてくれる展示会でしたね。
目の保養になりました~☆
TBさせてくださいね(^^)

No title * by choro
★ひかりさん、カメオはやはり人の顔のデザインが多いせいか、温かみを感じますよね。
ジュエリーの世界では私の知らない石もたくさんあって、こういう展覧会で観られるのは嬉しい限りです。
精巧な細工が本当に目の保養になりましたね~(^^)
TBありがとうございました♪

No title * by ひかり
そうなんです。大きさじゃなくて繊細な細工って言うところが良かったですしそこが発展したんですね。それに私もカメオ好きです。
ジェットって私も知りませんでした。確か化石なんですよね。
とっても素敵な展示会でした。TBおかえしさせて下さい。

No title * by choro
★Mさん、とても見応えがあってよかったですよね~
どれも繊細で驚きました。いい目の保養になったわ(笑)。
TBありがとうございました~♪

No title * by choro
★恋愛映画さん、ちょうど観たい映画をやっていたので、わざわざ行かずに済んでラッキーでした。(^^ゞ
このようなものはなかなか観ることができないのでいいですよね。ジュエリーデザイナーの方や、この時代の工芸に詳しい方がご覧になったら、もっといろいろと感じることもあって楽しめるのではないかと思いました。(^^)

No title * by M
単なるジュエリー展以上で見応えありましたね~。
どれかひとつもらっていいって言われたらどれにする?などとおバカな話をしながら楽しく見ました。そそ、ナイフの柄にパール入ってましたね、洗う時どうするのかしら?と思ったり。
限定記事ですがTBさせて下さいませ^^

No title * by 恋愛映画
お姉様…こういうところに足を運ばれるのが素晴らしい(^^)
映画と一緒にアンティークの勉強をしたらよりどちらも興味深いし、楽しそうです♪

細かな細工とか模様とか大好き!ビクトリア王朝に生きてたらそういう職人さんになりたかったなぁ(笑)

【英国美術の現代史:ターナー賞の歩み展】於:森美術館

【英国美術の現代史:ターナー賞の歩み展】於:森美術館

以前記事にさせていただき、公認ブロガーの登録をさせていただいている『UK-JAPAN 2008』さんより招待券を戴き、イギリス現代美術の展覧会を鑑賞してまいりました。場所はいつも映画を観に行く時に入り口の前を通っている六本木ヒルズの森美術館。(^^)ここは何度か行ったことがありますが、展望台のお隣り、地上53階にある美術館です♪美術に関しては全く詳しくないのですが、いわゆる印象派とか有名どころの絵画展は観る機会も多...

... 続きを読む

No title * by choro
★BlueCatさんも行かれたんですね!六本木は新国立美術館やサントリー美術館などもオープンしたので、常に観たい美術展をどこかでやっているって感じになりましたね。
そそ、集合写真の映像は左上の人がよく動いてました(笑)。
壷も面白かったですね。現代アートってまた古典的なアートとは違った面白みがあって楽しめますよね!
招待券はラッキーでした。(^^)

No title * by BlueCat
行きましたぁ~!!!
友人が どこでも いいから 六本木にある美術館に行きたいと行って 選んだのが こちら。
私は 以前 短期間ですがロンドンにいて ちょうど テートモダンが出来た頃だったので 懐かしくみました。
ほんと、あの壁が 興味深かったですね! 集合写真は やたら 一番左上の男性が動くのが気になった(笑)
私と友達が 一番面白いと思ったのは 女装陶芸家の 壺でした。
招待券貰えたなんて うらやましいですっ凸

No title * by choro
★Kaz.さん、さすがに外国のこういう賞のことまでは、その道に余程興味がないと知りませんよね~^^;
あっ、ヒルズのタワーはまだ上ってらっしゃいませんか。これからは夜が混むみたいですよ。展望台は東京タワーなどに比べると全面ガラス張りなので、すごい開放感と景色のよさでお薦めです♪出張の折には是非!

No title * by Kaz.Log
ほぉ~そう言う賞があるなんて知りませんでした~。
森美術館かァ~~、って言うか、このビルはまだ行った事がないですね~。
行く機会は何度もあったんだけど。 明後日から東京に出張なので、行ってみるかな?( ̄∀ ̄*)

No title * by choro
★yumikoさん、こちらこそご無沙汰しております。
美術展って期間があると思っても、なかなか時間が取れないもんですよね~私もいつも行きそびれます。^^;
展望台は過去に2度ほど行ったので、今回はパスしました。冬の方が遠くまで観れてお得な気分ですよね。一度夜景を観たいな~と思っております。(~o~)

No title * by yumiko
ご無沙汰しております。ターナー展行きたかったんですけど、終わってしまったんですね。う~ん、残念!森タワーの展望台、屋上にものぼりましたか?

No title * by choro
★カルちゃん、特別映像が多いというわけではないのでしょうが、何となく美術展での映像作品ということで、特に印象が残りました。しかも変わった(笑)作品ばかりだし・・・
美術展も次々とよいものが開催されますね~この春のものでも逃してしまったものがたくさんありますが、時々心静かに(笑)美術観賞も映画や音楽とは違った意味でいいな~と思います♪詳しくない分、先入観なしで素直に観れるのもいいのかも。(^O^;

No title * by choro
★andanteさん、わ~お友達もいらしたんですね。
私はこういう現代美術などには本当に疎いので、もしお誘いがなければスルーしていたと思います。^^;
でもどんな展覧会でも観ると楽しいんですよね~やっぱりアートはいいですね!
イギリスは考えて観るとモダンの発祥の地みたいな感じですよね。
映像作品が最近は多いんですね。それは知らなかったので、これまた一つ勉強になりました。
また機会があったら足を運びたいです。(^^)

No title * by car*ou*he*ak
私も行きたかったのですが、現代モノということで
なんとなく逃してしまいました。
そうなのですか。映像が多かったのですね。
今度のラファエル前派のミレイは、かなり思い入れが
あるので楽しみです。

No title * by アンダンテ
残念ながら、私は観ることができませんでした。
昨日行った友人の話でも「映像」を駆使した作品が結構多かったそうな。さすが「現代」と銘打った作品展だったのですね。

ロンドン「テイト・モダーン」も、結構それ系が多かったということは、イギリスに限らず、映像作品抜きでは現代美術は語れないって言うことでしょうか?

【ルノワール+ルノワール展】Bunkamuraザ・ミュージアム

【ルノワール+ルノワール展】Bunkamuraザ・ミュージアム

2月から開催され、いつ行こうか楽しみにしていた展覧会にやっと足を運ぶ事ができました。今回の展覧会は、印象派を代表する画家ピエール=オーギュスト・ルノワールと、その息子で偉大な映画監督であるジャン・ルノワールのコラボ展ということで、そのめずらしい形にも注目しておりました。父親の絵画と息子の映画を同時に紹介するというスタイルは2005年にパリで開催され大きな反響を呼んだそうですが、こういうスタイルの美術展...

... 続きを読む

No title * by choro
★ジャズモードさん、はじめまして♪コメントありがとうございます~♪
これは素敵な展覧会でしたよね。ルノワールの絵画に触れる事はあっても、なかなか息子さんの映画との関連などを一度に観る事はなくとても素敵な企画だと思いました。(^^)

No title * by ジャズモード
はじめまして。ご訪問しました。
私は4月23日に観にいって、ただただ感動してしばらく館内のソファーで絵によっていました。本当に贅沢な展覧会でした(^_^)v

No title * by choro
★the swing of musicさん、やっと観ることができました。
本当にルノワールの絵に自然や人の温かさ、優しさが感じられますよね。日本人には最も馴染みのある画家の一人だと思います。
先日母からガイドブックを貰って読んだら更によくわかったので、私ももう一度行きたいくらいです。でももう2週間で終わっちゃうから無理かな~^^;
the swing of musicさんの解説の続き、楽しみにしていますね
あっ、映画もご覧になれたんですね。私もDVDで機会をみつけて観賞できればいいなと思います。(^^)TBありがとうございました~♪

No title * by swing(スウィング)
ルノワールの絵画には、自然や生命の輝きが感じられて、大好きです。
展示方法に色々な工夫がされていて、とても楽しめた展覧会でしたね!期間中に、
何とか、また観に行きたいなあと思っています。Choroさんは、以前から
観に行くことを楽しみにされていらっしゃったので、念願がかなって、ご覧に
なれて良かったですね!TBさせてください♪
それから、ちょうど今の時期、企画上映として、京橋にあるフィルムセンターで、
ジャン・ルノワール監督の作品を上映しているので、以前に観た、大好きな
『大いなる幻影』を含めて、何本かを鑑賞することができました(^^)。

No title * by choro
★ケントさん、はじめまして♪先日はTBありがとうございました。
展覧会は行きたいものはたくさんあるのですが、なかなか時間がとれず(映画優先になっちゃって^^;)どうしても観たいと思うものに行くようにしています。これは本当に面白い企画でしたよね。私も楽しめました♪
同じくジャンの映画は題名だけでも有名なものが多いので、やはりその偉大さを感じますね。これから私も観ていきたいと思います。
こちらこそどうぞ今後ともよろしくお願い致します。

No title * by ケント
choroさんコメントありがとう
展覧会にはよく行かれるのですか?
それにしても、僕にしては偶然でしたが、とても面白い企画でしたよね。
ジャンの映画は僕も観てはいませんが、有名ですから、題名はいくつか知っています。
映画と絵が好きな僕にとって、今回はとても楽しい展覧会でしたよ。
これからもよろしく。時々遊びに行きますね。

No title * by choro
★マリーさん、我々世代だと気付かない方も多いですよね。一生一つ一つが勉強だよね。(^^ゞ
なるほど、オチビちゃんが絵がお上手なのはマリーさんの血を引いてるのね。油絵なんて素敵!絵心のない私には尊敬です♪(^O^)又お描きにならないんですか~?

No title * by choro
★カルちゃん、そうそう、美術展って結構期間が長いので、まだまだ大丈夫と思っていると、案外行きそびれたりするんですよね。わたしなどしょっちゅうです。^^;
ルノワールの絵は日本人には馴染み深いですね。とても暖かな色調で、ホッとさせられますよね。
そうなんです~BUNKAMURAのドゥ・マーゴのランチいいですよね。落ち着いていて大好きです♪ロビーラウンジのランチもいつも空いているので(笑)好きだけど、メニューがワンパターンなのがなぁ。。(^O^;あはは何しに行っているのやら・・・(笑)

No title * by myp*nk*5jp
こんばんは~
ルノワール好きなのに・・・息子さんが監督だってことも知らなかった!!!いやん~。
世の中知らないことって多いんだなぁ。と今しみじみ思って思ってます。(私が無知なだけかもですが)
そうそう“白”って色がないようで~一番多くの色味があるかもしれませんね。高校卒業してからしばらく油絵習ってましたが、あの頃より今の方が“いい白”が出せるかも(人生いろんな経験積んで・・・笑)

No title * by car*ou*he*ak
展覧会って行こう行こうと思っているうち終わってしまうことが多いです。これも危ない。早くしないと・・
ウルビーノのヴィーナスもあるし、忙しいです。
ルノワールの絵ってカレンダーに使われていたりして小さなころから目にしすぎてしまっていますが改めて生の絵を見ると、感動しますよね。そうそう。モネのときにも思いましたが、白って奥深いです。
ジャンルノワーウの映画はここで上映されていたのは見逃してしまいましたが、シネフィルで見ることができました。躍動感にあふれた作品で、楽しめました。
同感です。上野の美術館だとかなり歩いてハードにまりますが、
渋谷BUNKAMURAのギャラリーは適度な広さが心地よいですよね。
ドゥ・マーゴのランチもグッド。
『フレンチ・カンカン』TBさせてください。

国立新美術館と【大回顧展・モネ】

国立新美術館と【大回顧展・モネ】

16日水曜日に「眉山」を観たその足で六本木に出来たばかりの国立新美術館オープン記念の企画展「モネ展」を観てまいりました。めずらしく2週連続で美術展を観たことになるのですが、先週観た「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」と違い、やはり混んでる~~~~!!!入り口で並ぶ事はなかったものの(以前観に行った「ルーブル美術館展」の時は入場制限してましたから)、ウィークデーなのにかなりの人でびっくり。展覧会自体...

... 続きを読む

No title * by choro
★カルちゃん、その手法の変化や独創性には感動ですね。難しい事はわかりませんが、心に素直に響いた感動を胸にしたいと思いました。
TBありがとうです~♪

No title * by choro
★かりおかさん、睡蓮はいろいろなところで観ますよね。でもたくさんあるので、比べるととても面白い作品ですね。私も大原美術館のものが印象深いです。
当然ですが、やっぱり音楽も絵も生ですね~(^^)

No title * by car*ou*he*ak
モネの作品は何度となく見ていますが、この展覧会で感動を新たにしました。一言で白といってもさまざまなヴァリエーションがあって、奥深い。もううっと~り・・でした。TBさせてくださいね。

No title * by かりおか
モネ大回顧展やってるんですね。行きたいです~。数年前、浜松の花博で、モネの花の庭が再現されていて、とても素敵でした。「睡蓮」の絵は何回かいろんなところで観ましたが、倉敷の美術館の絵が印象に残ってます。写真ではわからない良さがありますよね♪

No title * by choro
★kaz.さん、印象派はあやふやな感じのタッチ(と言っていいのだろうか^^;)なので、はっきりとした顔の表情とかはわからないものが多いですよね。
モネの作品は日本にもたくさんありますね。今回も「睡蓮」は全国の美術館から集められていました。地方に行った時の楽しみにしたいです♪

No title * by Kaz.Log
この画像の女性の「顔」が描いてない所が、良い意味でショッキングでした。(・ω・)bグッ
モネの青い睡蓮が大塚国際美術館で今年も開花するんですよ~、あと高知県の「モネの庭」という施設でも見れるそうな・・・。

No title * by choro
★nzさん、本当に光の表現が素晴らしいの一言ですね!これは傍で観ると画集で見ている以上によくわかりました。そして少し離れて観た方がより一層その効果がわかるんですね。絵の舞台になった場所に立ったら感激でしょうね。体験してみたいです♪

No title * by choro
★つららさん、最近は地方でもどこでも美術館や芸術館と称する建物は凄いですよね。確かにここまでたくさんの作品が一同に観られるのは東京だからかな。有難いと感謝しています。また是非つららさんも遊びにいらしてください!(^^)

No title * by choro
★shishiさん、モネの絵は本当に色使いが柔らかくてホッとしますね。睡蓮でもいろいろな色や雰囲気のものがあり、比べて観るとそれぞれが描かれた時の時間帯や作者の気持ちなどの違いなどがわかるようで面白いですね。ウィークデーでもかなりの人だったので週末はやはり混むかも。でもミッドタウンからすぐなので行くだけ行ってご覧になったらいかがでしょうか。

No title * by NZ_RR
モネは『光の画家』と言われたほどの人。私も色の使い方が好きです。いまでも、パリ郊外のジヴェルニーでは、絵と同じ景色がいまでも見ることができるほど、素晴らしい庭があります。

【モディリアーニと妻ジャンヌの物語展】

【モディリアーニと妻ジャンヌの物語展】

映画「モディリアーニ/真実の愛」を観た時から、今度東京でモディリアーニ展があったら是非観に行こうと決めておりました。(^^ゞこの映画(DVD)を観たのは昨年の秋だったのですが、ちょうどその前の週まで「ピカソとモディリアーニの時代」という展覧会を同じ渋谷のBUNKAMURAでやってたんですよね。映画を観た時は終ったばかりでがっかりだったのですが、意外にも早くまた同じBUNKAMURAで展覧会があり嬉しくなりました。(^^)アン...

... 続きを読む

No title * by choro
★strollさん、はじめまして♪そうですね~昔は私もただ眺めているだけだったのですが、製作者のバックグラウンドを知って観ると、また違ったものを感じることができました。(^^)

No title * by after stroll
モディリアーニの絵って、どこか惹かれるものがありますね。

No title * by choro
★マナさん、TBありがとうございます♪

No title * by マナ(^_-)☆
どうも~^^こちらにトラバさせてくださいね。ありがとうございます。

No title * by choro
★naonaoさん、あっ、いらっしゃいましたか!そうそう、ジャンヌもかなりの才能の持ち主で素晴らしい人だったんですね。彼女の絵画が今回はたくさん公開されて、なかなかない機会なので本当に観られてよかったです。記事楽しみにしてますね~♪

No title * by naonao319
私も行きました!ジャンヌって才能あるんだなあ☆と初めて知ったのが収穫でした☆記事書かなきゃ!w

No title * by choro
★nzさん、イラスト拝見しました。とっても素敵でした。確かにモディリアーニ的かも・・しかし一番お好きな画家でらしたとは驚きです。彼の絵は独特の表情なので私も子供の頃からこの人の絵はすぐにわかりましたけどその内容的なところまでは何も知らず、ただ「顔の長い女性」とだけ記憶していたような。。。(^^ゞ

No title * by NZ_RR
モディリアーニは、私の一番好きな画家で、大学卒業直前にヨーロッパへ行こうとした動機のひとつでした。私が描く女性の線には、彼の真似(影響)があります(笑)TBします。

No title * by choro
★kaz.さん、美術展は静寂の中での観賞ができるし、本当に贅沢な至福のひと時だな~と思います。BUNKAMURAは渋谷とは思えない落ち着きのある一角で大人のスポットなんですよね。映画館もギャラリーも落ち着いていて大好きです。今度上京された折には違う企画になると思いますが是非!(^^)「モンパルナス~」有名な映画なのになぜか観てないんですよ~kaz.さんもお薦めしてくださっているし早く観なくちゃ!

No title * by choro
★じゅりさん、モディリアーニの絵は知っていてもなかなか彼の生活や絵に込められているものなどはシロウトにはわからないですよね。でも映画などで背景を知ると少しでもわかるような気がして嬉しいです。「モンパルナス」も観たいですね!

【ダ・ヴィンチ・コード展】 in 六本木

【ダ・ヴィンチ・コード展】 in 六本木

今日は六本木シネマに「グッドナイト・アンド・グッドラック」を観に行ったのですが、その足で森アーツセンターギャラリーでやっている【ダ・ヴィンチ・コード展】を観てきました。 普通の展覧会とは又違い、ストーリーに出てくる絵画の秘密がデジタル映像で説明されていてなかなか面白かったです。(^^) 原寸大の「モナリザ」の映像、有名な2種類の「岩窟の聖母」、「受胎告知」など名画の解説と謎、「ウィトルウィウス的人体素...

... 続きを読む

No title * by choro
★yuuyuさん、いよいよ今週末からですね。宣伝も凄いし盛り上がってますよね~楽しみ!

No title * by ☆yuuyu☆
ますます行きたくなりました。映画の公開もあとわずか‥楽しみですね♪

No title * by choro
★mypinkさん、携帯写真なので古ぼけてみえるのかもしれません。^^; えっと投票はですね、結果と皆様のコメントが読みたいときは【結果閲覧】をポチっとしてください。ご自分で投票されるときは左側の○に印をつけてから【投票】を押すとそれで結果が反映されます。印象に残った映画があったら教えてくださいね~♪

No title * by myp*nk*5jp
なんだかお写真がプロマイドみたい(って古い?今はプロマイドっていわない?笑)映画公開に先駆けて、いろんな催しがありそうですね~~♪でも田舎にはこないかな?ちょっと、いや、かなりがっかり・・・ あの~~投票ってどうやってするんですか?ごめんなさい・・わかんなくって(大汗)

No title * by choro
★rereさん、うわぁ~~羨ましいです~やはり一生に一度は本物が観たいですよね~私はイタリアはローマしか行ったことがないのでシスティーナ礼拝堂の「最後の審判」(でしたっけ?)しか知りません。それでもあの圧倒されるような感動は今もよく覚えています。「最後の晩餐」、実際に目の前にするとどんな感動があるのでしょう・・・やっぱり観たいな~~!

No title * by re_re
「最後の晩餐」の原寸大壁画のデジタルによる再現(◎_◎)!!かなり迫力ありそうですね。実は、生を見たことがあるんです。比較しに行ってみたいです~!映画、公開もうすぐですね♪

No title * by choro
★FUMMYさん、この展覧会はなかなか見応えがあって面白かったです。本の売れゆきは凄いですね。今私もまた読み返しているのですがやっぱり面白いですね!今度はキャストの顔を思い浮かべながら読めるのでそれも楽しいです。

No title * by Fummy
こんなイベントまでしてるんですね!?見れたなんて羨ましい!本のほうも予習組がどんどん買って売り上げもうなぎ上りみたいですし(私もその組(^_^;))、期待がどんどん膨らみますね~。

No title * by choro
★RURIさん、小説に出てくる場所でのロケーションが楽しみです。キャストも豪華だし、ストーリーも面白いし、期待しちゃいますね!小説を読まずにご覧になられるとどんな印象を受けられるのか、RURIさんの感想もお待ちしています~♪ミステリーなので読まずに観た方が面白いかも・・(^^)

No title * by 優香
こんにちは。こんな催しがあったのですね!原作はまだ読んでいないのですが、HPを見てとても興味が湧きました。ダ・ヴィンチ・コードは絶対映画館で見ようと思っています!Choroさんの感想も楽しみです☆

「ルーブル美術館展」

「ルーブル美術館展」

今日は映画館ではなく、久々に美術館に行ってきました。海外からの大きな美術展に行くのはかなり久しぶり。 私は美術に関しては全くのシロウトで、自分も絵は描けないし、鑑賞もそう沢山している方ではないのですが、わからないながらも観るのは大好きです。そしていつも美術展に行って実物の名作を目にすると、音楽と同じでやっぱり『生の凄さ』に圧倒されてしまいます。 画集やテレビでいくら見ていても、本物を見てしまうと、...

... 続きを読む

No title * by choro
私もルーブルには行きましたが、なんせパックツアーゆえ「モナリザ」とか超有名どころしか覚えてない!しかも大昔のことだし・・(涙)そうなんですよね、久々に名画を生で観て、映画やコンサートに似た感覚を持ちました。

No title * by ann*hec**8
あーなつかしい…なんかルーブル思い出してきた…。 感じたまま出逢う作品…絵画の出会いも時には映画と似ていたりしますね…(溜息)